『アイアン・ジャイアント』シグネチャーエディション

アイアン・ジャイアント
The Iron Giant(1999)90分

アイアン・ジャイアント監督:ブラッド・バード 脚本:ティム・マッカンリーズ
出演:イーライ・マリエンタール(進藤一宏)、ヴィン・ディーゼル(郷里大輔)、ジェニファー・アニストン(日高のり子)、ハリー・コニック・Jr(井上和彦)、クリストファー・マクドナルド(大塚芳忠)

4分長いシグネチャーエディションを吹替版で見た後、コメンタリーを見た。ブラッド・バードは「ここは大変だった」ばっかし。新しく追加された特典映像がよかった。

『キャメロット』の失敗で『アイアン・ジャイアント』製作が危うくなったので、ワーナーを説得するためにとった方法。それは絵コンテをビデオにしたもの(従来のコンテ撮)より説得力のある動く絵コンテでプレゼン。そのへんで買える安いソフトウェア(Adobe AfterEffects)で簡単に作った。これがアニマティックスの始まり!

恐怖の公開リテーク。原画マン集めて、各担当カットをブラッド・バードがダメ出しする。みんなの前でダメ出しされるのは恥ずかしいけど、共有できるため。ブラッド・バードのリテーク説明は具体的でわかりやすいけどキツイ。
・冷戦時代、地下200メートルに建設された広大な核シェルターがワーナーの倉庫になってる。『レイダース』のラストシーンみたいなとこ。そこには過去のワーナー映画のあらゆる遺産が保管されてる。

アニメ制作がデジタル化され、紙と鉛筆の手描きアニメ技術が消えていくのが残念だと。やっぱりね。アメリカでもそう思ってたんだ。

tag : Sci-Fi アニメーション 新バージョン ロボ ヒーロー

ゴーゴー・ボーイズ『キャノンフィルムズ爆走風雲録』

The Go-Go Boys: The Inside Story of Cannon Films(2014)89分

キャノンフィルムズ爆走風雲録監督:ヒラ・メダリア
出演:メナハム・ゴーラン、ヨーラン・グローバス、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ジョン・ヴォイト、イーライ・ロス、アンドレイ・コンチャロフスキー
アーカイブ:シルヴェスター・スタローン、チャールズ・ブロンソン、チャック・ノリス、ボー・デレク、ブルック・シールズ、マリエル・ヘミングウェイ

huluで見た。イスラエルからハリウッドに来たメナハム・ゴーランとヨーラン・グローバスがゴーゴーボーイズ。彼らが率いたキャノンフィルムの誕生から崩壊までのドキュメンタリー。

CとFががっちゃんこするタイトルのキャノン。カメラのキヤノンよりNが1コ多いキャノン。ゴーラン&グローバスは井深大&盛田昭夫、本田宗一郎&藤沢武夫、やすきよ、ウォズ&ジョブズみいたいなもん。2人でキャノン。

ブロンソンやスタローン、チャック・ノリスのB級アクションで快進撃、大作『スーパーマン4』失敗で自爆。これがなければ『スパイダーマン』の映画化はソニーでなくキャノンだったかもしれない。

このドキュメンタリーは2014年なので、ゴーランが亡くなる直前に収録したことになる。ゴーランに対して「話を逸らさないでください!」ってヒラ・メダリア監督のオフ声も入ってる。最後にグローバスと仲直り。

あの懐かしのタイトルロゴ集

続きを読む

tag : ドキュメンタリー Top10

ハック・ユー『ゴースト・イン・ザ・シェル』

Ghost in the Shell
原作の実写映画化ってことだけど、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995)を実写リメイクしたシーンも目立った
Ghost in the Shell(2017)107分
Ghost in the Shell原作を実写映画化してる。アニメ版のリメイクではないので切り離したくて字幕で観たけど、やっぱ押井さんのマネだった。製作費1億1000万ドルは昨日観た『パッセンジャー』と同じ。集合住宅の名前がアヴァロンだし。でもこっちはつまんなかった。

オープニングシーンはアニメ版『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995)をほぼ実写リメイク。


映画に出て来た未来都市では最低のビジュアル。この監督は生理的に合わない。銃の拘りがないし、趣味が悪くて演出がグダグダ。やりたいことが完全にズレてる。荒巻だけ日本語なのも違和感あった。スカジョのミラは戦闘マシーンだけど『LUCY/ルーシー』の方が人間離れしたキャラになってた。

桃井かおりはやかんでお湯沸かしてるぞ。スパイダータンクなのに6本足でだっさー。「謡」が流れたときはホッとした。やっと終わったって。

続きを読む

tag : Sci-Fi リメイク コミック

2人合わせて『パッセンジャー』

Passengers

Passengers(2015)116分

Passengers最初のショットで宇宙が明るすぎて不安になったけど、宇宙はずっと明るかった。アヴァロン号はフォルムも内装もいいデザイン。衝突コースを回避せんのはアホだけど。『グラビティ』ほどリアルでなく『オデッセイ』より軽いけど、お話は思ったより面白かったので観てよかった。

カーク船長と同じ名前のジムがエンジニア設定ってのが効いてる。自分以外はロボットだけって『サイレント・ランニング』みたい。やっぱり1人は寂しい。宇宙でキレイで聡明なオーロラ姫と2人っきりなら起こすよね。オーロラは走ったり泳いだり。期待通りおしゃべりバーテンダーがやってくれて、怒りのオーロラ。

「木を植えたのは誰だ?」『イベント・ホライゾン』の船長より太った甲板長登場。アンディ・ガルシア船長は最後に1カットだけ。

続きを読む

tag : Sci-Fi ロボ

リトルチャイナの大活劇『ゴーストハンターズ』

Big Trouble in Little China
Big Trouble in Little China(1986)99分

ゴーストハンターズ監督:ジョン・カーペンター 脚本:ゲイリー・ゴールドマン、デヴィッド・Z・ワインスタイン
出演:カート・ラッセル(安原義人)、キム・キャトラル(杉山佳寿子)、デニス・ダン(水島裕)、ジェームズ・ホン(矢田稔)、ヴィクター・ウォン(富田耕生)、ケイト・バートン(吉田理保子)、ドナルド・リー(谷口節)、カーター・ワン(大滝進矢)、ピーター・クォン(西村知道)、ジェームス・パックス、チャオ・リー・チ(阪脩)、スージー・パイ(伊倉一恵)、ジェフ・イマダ

吹替版(ゴールデン洋画劇場)で見た後、ジョン・カーペンター(JC)とカート・ラッセル(CR)のコメンタリーを見た。めちゃくちゃ楽しそうな2人。CRよく笑うし、JCとゼメキスをやたら褒める。

ゲイリー・ゴールドマンとデヴィッド・Z・ワインスタインが書いたのはウエスタンだった。それをW.D.リヒターが雇われて現代版にリライトした。

冒頭はプロデューサーの指示で追加撮影した。大予算で作ったのにFOXの300万ドルかけた宣伝がダメで効果がなかったとJC。当時のFOXは『エイリアン2』の宣伝に懸命だった。「ジェームズ・キャメロンは『NY1997』の特撮に関わってたよね」とCR。トラックを運転してるのはCR本人。JCはカメオ出演シーン教えてほしかった。

この映画見てるとよほど楽しかったのか、話が脱線しっぱなし。お互いの家族の話、アクション映画についてや脚本について、演技について。2人の掛け合いは実に楽しい。

CRは『ソルジャー』の撮影で怪我してアクションはもうヤダって。収録は2001年頃?てことはCRが最悪だと言ってた映画は『スコーピオン』か?プライベートでダメダメ状態だった共演者はコスナー?次のはギャラは半分だったけどいい映画だったのは『バニラ・スカイ』かな。

JCは脚本を書いた『アイズ』には相当落胆したそうで、でも金が必要だったし、映画は監督のもんだと割り切るしかない。JCは「監督にビジョンは必要ない」っていうウィリアム・ゴールドマンの名言を紹介。JC「つまり脚本がすべてだと言いたいんだろう」CR「ビジョンは必要だと思うよ」
『グラディエーター』は適切なところに渡ってよかった!「いい映画だった」と絶賛する2人。『パイレーツ・オブ・カリビアン』はどうなるかなー?

JC「空中戦はトランポリンだ」CR「『グリーンディスティニー』に影響を与えてるよね」JC「いや、あっちはワイヤーだ」。
参考にしたのは『蜀山奇傅・天空の剣』とのこと。
JC「たしかツイ・ハークがからんでた」監督だからw
ジャックへの銃撃シーンで壁の弾着が速すぎてCRが危うく怪我するところだったとき、JCが激怒した。CRは怒ったJCを初めて見たそう。
エンディング曲はCRがJCのボーカルをやたら褒める。CR「低くていい声だ」

JCによるとエドランドの特撮は不十分だったそうで。JC「削られたんだよね」
一方、リチャード・エドランドは特典のインタビューで語ってる。
btilc_ed.jpg

続きを読む

tag : コメンタリー 特撮

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer