ラブ・アクチュアリー

Love Actually(2003) 135分
love_actually.jpg監督:リチャード・カーティス
出演:ヒュー・グラント(森田順平)、アラン・リックマン(有本欽隆)、エマ・トンプソン(高島雅羅)、コリン・ファース(中田和宏)、リーアム・ニーソン(原康義)、キーラ・ナイトレイ(弓場沙織)、ローラ・リニー(山像かおり)、ロドリゴ・サントロ(三木眞一郎)、ビル・ナイ(野沢那智)、ローワン・アトキンソン(岩崎ひろし)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
ラブ・アクチュアリー頭っから最後までいいシーンがたくさんあって見入ってしまった。音楽もよかったー。ヒースローのスケッチは素晴らしいけど、日本人にはちょっと。キーラ・ナイトレイのエピソードが一番かな。あ、リーアム・ニーソンのオヤジもよかった。でもコリン・ファースの話もよかった。ポルノ男優の話もよかったし、弟が入院しとる話もいいねえ。ビル・ナイは野沢那智の吹替えもハマってオモロかった。ギャグ。ハイケ・マカッシュもいいが、最後のデニース・リチャーズもたまらん。大統領と男の子とアメリカ帰りとビーンはありえねー。エリシャ・カスバートやビリー・ボブ・ソーントンもちょっと出てる。どーんと出てくる(しかも何度も)のは新しいiMacのアド。

Love Actually

音楽もよかったなー。見終わってすぐサントラ注文しちゃった。

tag : アンサンブル 吹替え Apple

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示