fc2ブログ

『バッド・ガール』

Girls Against Boys
Girls Against Boys(2012)93分

Girls Against Boys監督・脚本:オースティン・チック
撮影:カット・ウェスターゴー 音楽:ネイサン・ラーソン
出演:ダニエル・パナベイカー、ニコール・ラリベルテ、リーアム・エイケン、マイケル・スタール=デヴィッド、キャロライン・ラガーフェルト、マシュー・ローチ、アンドリュー・ハワード

APVで見た。星4つだったので。そしたらスターラボのケイトリン・スノウが主演!ショーパンなのが新鮮。『FLASH』が始まる前なので若い。

冒頭で会田誠作品にインスパイアされたことがわかる。会田誠本人は全く知らなかったらしい。NY撮影も無許可だし。サイコなねーちゃんルーは元々アジア系の女優だったが、脱ぎはイヤと断られた。でもニコール・ラリベルテはサイコ感あるしエキゾチックでなかなかいい。

4つ星のリベンジ・スリラーの割に『天使の処刑人 バイオレット&デイジー』より面白くない。陰鬱で酷い。足切ったり腹かっさばいたりするけどけど音だけでゴアはほぼなし。ルー&シェイでもっと暴れて欲しかった。

tag : クライムNY殺人鬼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ