fc2ブログ

『ストリート・オブ・ファイヤー』

ストリート・オブ・ファイヤー
Streets of Fire(1984)93分 1.85 : 1

Streets of Fire監督:ウォルター・ヒル 脚本:ウォルター・ヒル&ラリー・グロス
撮影:アンドリュー・ラズロ 音楽:ライ・クーダー
出演:トム・コーディ:マイケル・パレ(池田秀一)、エレン・エイム:ダイアン・レイン(山本百合子)、レイブン:ウィレム・デフォー(石丸博也)、ビリー・フィッシュ:リック・モラニス(納谷六朗)、マッコイ:エイミー・マディガン(戸田恵子)、リーバ・コーディ:デボラ・ヴァン・フォルケンバーグ(小山茉美)、クライド:ビル・パクストン(関俊彦)、エド・プライス署長:リチャード・ローソン(屋良有作)、クーリー巡査:リック・ロソビッチ(幹本雄之)、グリーア:リー・ヴィング(竹村拓)、ベビードール:エリザベス・デイリー(三田ゆう子)

ゴールデン洋画劇場吹替え版で見た。いやー、合ってない!特にダイアン・レインとウィレム・デフォー。

特典映像は1984年当時のプレスキット。メイキングドキュメンタリーは2本。かなりのボリューム。
2013年版(80分):ウォルター・ヒル、マイケル・パレ、エイミー・マディガン、ジェームズ・アレン
2017年版(111分):マイケル・パレ、ローレンス・ゴードン、デボラ・ヴァン・フォルケンバーグ、リチャード・ローソン、リー・ヴィング
ウォルター・ヒルのコメントから抜粋
「架空の都市ということで『シェルブールの雨傘』を参考にした」
「企画を売るのに有利なので三部作の計画だったが、続編がうまくいくと思えず製作しなかった」
「サイドキックはヒスパニック系の男(エドワード・ジェームズ・オルモス)の予定だったが、リーバのオーディションできたエイミー・マディガンが売り込んできた、いいアイデアだったのでマッコイというキャラクターに変更した」
「映画ではリアルをやるんじゃなくてリアルっぽく見せること」
「マイケル・パレの演技を揶揄されることがあるが、あれがいいんだ、満足してる」
「トムはレイブンをナイフで仕留める予定だったが、この映画では人が死んだり血が飛んだりするのはしないことにした
「ジェームズ・ホーナーの曲が合わなかったのでライ・クーダーに依頼した」
「「あなたを夢みて」がクロージングだったが、ユニバーサルにもう1曲欲しいと言われ急遽「今夜は青春」を作って追加撮影した。ダイアンは『ランブルフィッシュ』で髪を短くしてたのでカツラだ」
「完成後、ユニバーサルの人事異動があって、後任のプロデューサーはこの映画を潰そうとした。米国ではまともに宣伝も公開にできず。なぜか日本ではヒットした。どうしてだろう?」

ウォルター・ヒルは『ストリート・オブ・ファイヤー』が日本で大ヒットしたと言ってるけど、ヒットはしてない。東宝系で4週間の直後に松竹東急系にムーブオーバーしたのは異例だけど。コケた理由は宣伝の失敗。『バレット』(2012)のプロモーションで来日したとき、『ストリート・オブ・ファイヤー』のファンが多くいることにご機嫌だったらしい。
    関連映画
  • 参考にしたのは『捜索者』(1956)、『シェルブールの雨傘』(1964)、『バニシング IN TURBO』(1976)、『マッドマックス』『ウォリアーズ』(1979)、『ニューヨーク1997』(1981)
  • 「トーチーズ・バー」は『ザ・ドライバー』(1978)、『夕暮れにベルが鳴る』(1979)、『48時間』(1982)にも出てくる
  • 『ワン・フロム・ザ・ハート』(1982)のネオンが使われている
  • ビリー・フィッシュという名前は『王になろうとした男』(1975)のサイード・ジャフリーが演じたキャラクターから
  • 『Road to Hell』(2008)はスピンオフ
  • インド映画『Tezaab』(1988)、『Two Town Rowdy』(1989)はリメイク

関連記事

tag : ヒーローアクションファンタジー格闘救出鉄道

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ