fc2ブログ

『ボーダー』

Righteous Kill
Righteous Kill(2008)101分

Righteous Kill監督:ジョン・アヴネット 脚本:ラッセル・ジェウィルス
撮影:デニス・レノア 編集:ポール・ハーシュ
音楽:エド・シェアマー
出演:ロバート・デ・ニーロ 、アル・パチーノ、50セント、カーラ・グギノ、ジョン・レグイザモ、ドニー・ウォールバーグ、ブライアン・デネヒー

Netflixで見た。吹替えはなかった。なんで『ボーダー』なんて邦題にしちゃうかね、紛らわしい。キレやすいデニーロと冷静なパチーノのバディ映画。大物2人が共演してるので退屈はしない。連続殺人の被害者は悪人ばっかし。警察内に法で裁けない犯罪者を粛清してるやつがいるって『ダーティハリー2』みたいな。

映画的に真犯人はこの人と見せかけておいて、最後に実はこの人でしたってやつだけど、序盤で真犯人がわかっちゃう。若手刑事ドニー・ウォールバーグとジョン・レグイザモのコンビは翻弄されるけどね。ラストは『ヒート』の逆パターン。
    関連映画
  • 『ヒート』(1995)ではパチーノがデニーロを撃って駆け寄る
  • タークの「頭を一発で吹き飛ばすぞ」は『ダーティハリー』(1971)のハリー
  • 「撃たれるべき奴なら射撃は問題ない」は『ダーティハリー2』(1972)のハリー
  • ルースターはペレスとライリーを『刑事スタスキー&ハッチ』(1975)と呼ぶ
  • タークの「出かけようとすると引き止められる」は『ゴッドファーザーPART III』(1990)
  • スパイダーの話に『羊たちの沈黙』(1991)
  • 『ランボー』(1982)、『ザ・シークレット・サービス』(1993)、『ジャッキー・ブラウン』(1997)が会話に出る
  • スパイダーの「男はバカで愚かだ」は『ジム・キャリーはMr.ダマー』(1994)
  • タークとルースターがドアを蹴破って入るのは『セブン』(1995)
  • 街の広告に『ビー・ムービー』(2007)、『バタフライ・エフェクト』(2004)『紀元前1万年』(2008)、『ダークナイト』(2008)
関連記事

tag : NYPDNY警察クライムバディ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ