ハート・ロッカー

The Hurt Locker (2008)131分
Hurt Locker流行の16ミリ手持ち自然光撮影、キヤノンのレンズは観客目線。使ったカメラはAaton A-MinimaとAaton XTR Prod。あと、スーパースロー用でPhantom HD。

爆発物処理チームの日常を描いてて、物語はない。ほんっとに戦場での日常描写とお仕事紹介。うまく処置できることが多いけど、そうじゃないこともある。ブラボー中隊エピソード集。使い込まれたM4がシブい。スコープビューのリアルさに感心。

主人公はかなり無謀。命懸けなんだから規律なんか守ってらんないよね。でもチームとしては困り者。緑の対爆スーツ着て爆破したり無効化したり、このスリルは中毒になる。"War is a drug." 誰が民間人なのかわかんない状況、気が抜けない。

面白いのは意外にも狙撃戦。バレットM82の弾丸に血がこびりついてジャムったり、日が暮れるまで動かなかったり。爆弾処理のエキスパートはスポッターもこなすし、ジュースも飲ませる。敵狙撃手と向き合う緊張。「6時の方向に何か動いた」「まかせる」だって動けないんだもん。 G.ピアース、D.モース、R.ファインズはカメオじゃなくチョイ役。ハンビーを車と訳すのはやめてほしい。

9時30分の回で観てきた。朝イチだからかすいてたんだけど、終わった頃にはロビーに人がわんさか。昼の回は立ち見だと。もしかして作品賞とったんで客が殺到したんかな?と思ったが、うちに帰った時点ではまだ発表されてなかった。結局、作品賞・監督賞他6部門で受賞。よかったね。ジム・キャメロンはキャス・ビグロウに「プラトゥーンのイラク戦争版になるよ」と言ったそうだが、その通りになった。バジェットは「アバター」の1/20。
関連映画:「グリーン・ゾーン」(2010)は、同じイラク戦争でバグダッドが舞台。撮影監督が同じバリー・アクロイド

tag : 戦場

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示