アバター IMAX 3D

Avatar (2009)162分
アバター2回目は、IMAX 3D/吹替版で。なんでわざわざ埼玉まで?だって、既存の劇場をIMAXデジタル仕様に改造した川崎と違って、菖蒲は最初っからIMAXデジタルシアターとして作られた劇場だし。しかもすいてるんだもん。前日に「良・席・予・約」でドセンターの席を確保した。劇場の発券機で予約番号と電話番号入れるだけ。あと、湘南新宿ラインなら乗り換えなしで45分だし。 新宿から湘南新宿ライン宇都宮行きのグリーン車に乗って久喜駅へ。
モラージュ菖蒲駅前からは無料シャトルバスで15分。モラージュ菖蒲は「ゾンビ」や「ブルースブラザース」に出てきたショピングモールを凌ぐ超巨大な建物。

109シネマズ長~い建物の突き当たりに109シネマズがある。予約番号は10桁もあって、しかもアルファベットも混じってたんで、発券機でどー入力すんのかと思ったら、クレジットカードを入れろって表示が。入れてみたらチケットが出てきた。え~!電話番号も入れてないんだが。なんか、二重に引き落とされてないかと気になった。シアター1~10は右から、シアター11は左から入る。



IMAX 3DメガネIMAX 3Dメガネを素手で渡された。うわー、やっぱIMAXメガネは軽いね~。

IMAX 3Dメガネシアター11がIMAXデジタルシアター。中に入ると、いきなりスクリーンが!TOHO六本木のシアター7と同じか、ちょい小さいくらいのサイズ。あー、でもIMAXシアターと比べると高さが全然足りんなあ。客席の傾斜はかなり急で、これはIMAXシアターっぽい。前列の客はまったく気にならない。まあ、ガラガラだけどね。IMAXデモの始まり。メガネをかけると、視界いっぱいがスクリーン。「アバター」は16:9なので、高さがなくても気にならない。むしろちょうど収まりがいい。
メガネはXpanDと比べると全然軽いし明るいし。パンドラの美しさが堪能できた。画面の端のゴーストもなかった。ナヴィとアバターの指の違いもよくわかったし。200円の差でこんなにも快適だなんて、さすがIMAXデジタル。3Dの効果は騒ぐほどではなかった。これをIMAXシアターで観たらもっともっとすげーんだろうなあ。ジェイク・サリーの吹替えは「PB」のマイケル・スコフィールドの声。つまり「ターミネーター4」のマーカスと同じ人なのでしっくりきた。

tag : 3D 吹替え 劇場 IMAX

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示