ファイナル・デッドサーキット 3D

The Final Destination(2009)82分
The Final Destination待望の4作目は3D上映。液晶シャッターメガネはXpand 3D。3D効果は満点。特にタイトル前のレースシーンはスタンドも含めて迫力あった。パーツが飛んできたときゃ、思わず目をつぶっちゃった。破片、水しぶき、血しぶき、炎、肉片、全部こっちに飛んでくる!アクションだけでなく、通常シーンの奥行き感もバッチリ。 監督は「2」や「スネーク・フライト」のD.R.エリスなんで期待したんだが、あからさまに3Dを意識した演出で、2Dだったらしょーもない映画になっちゃった。死に方が安直で、ながーい段取りのピタゴラ系を期待すると裏切られる。死に様で感心できるものはなかった。人体粉砕描写も控えめで、すでに肉片だけだったり。吹替えはかなり醜い。日本版は吹替え版のクレジットもあるんで2分長い。バジェット4300万ドル。USはR、日本はR-15。

tag : 3D 続編 ホラー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer