fc2ブログ

1974年から始まる『シャザム!』

shazam-ad.jpg
Shazam!(2019)132分 2.39 : 1

Shazam!監督:デヴィッド・F・サンドバーグ、脚本:ヘンリー・ゲイデン
撮影:マキシム・アレキサンドル、VFX:MPC
出演: ザッカリー・リーヴァイ、マーク・ストロング、アッシャー・エンジェル、ジャック・ディラン・グレイザー、ジャイモン・フンスー

奇しくも『キャプテン・マーベル』と同時期に公開とは。シャザムは元祖キャプテン・マーベルだった。設定が『エクソシスト』シーズン2みたいだった。監督がホラーの人だけど、ジェームズ・ワンほど器用じゃない。

シャザムは49分後に登場。惹句の「見た目はオトナ中身はコドモ」って『ビッグ』(1988)じゃん。実際『ビッグ』オマージュで似たシーンもあるけど、中身が子供って感じじゃなく、大人がふざけてるようにしか見えんのでうざかった。トム・ハンクスにはかなわんな。プロデューサーでもあるロック様がシャザム役なら、もっと子供っぽさが出せただろうに。

バスのシーンは面白かった。スーパーパワーをしょーもないことに使うシーンに期待したんだけど普通だった。マーク・ストロングのヴィランも復讐果たしたら終わってるし。小学生から高校生まで一緒の学校ってよくわからんし、ビリーのママの件もなんかうやむや。
    関連映画
  • DCEUの7作目
  • 続編は『シャザム!〜神々の怒り〜』(2023)
  • 『Adventures of Captain Marvel』(1941)のリメイク
  • フレディーは里親の家を『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011)だと言う
  • ビリーがロッキーの気持ちがわかると言ったのは『ロッキー』(1976)の階段
  • ビリーが『ロッキー3』(1982)の「アイ・オブ・ザ・タイガー」の曲でパフォーマンス
  • おもちゃ屋でのバトルでキーボード上を走るのは『ビッグ』(1988)
  • 隠れ家の別の場所につながるドアは『モンスターズ・インク』(2001)
  • 扉の1つが開き、霧の中に触手のクリーチャーがいるのは『ミスト』(2007)
  • 質屋で売られてるのは『アナベル』(2014)のアナベル人形。サンドバーグ監督の前作は『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)
  • シヴァナ博士が独房の壁に文字を書くのは『ピンクパンサー2』(1975)の独房のドレフェス警部
  • 食堂に現れるスーパーマンは『ジャスティス・リーグ』(2017)のスーパーマンだが曲はジョン・ウィリアムスの『スーパーマン』(1978)
  • ポストクレジットシーンで魚の言葉がわかったら『アクアマン』(2018)
関連記事

tag : DCEUヒーローコミック家族オマージュクリスマス異世界コメディ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ