幻の恐怖映画

シェラ・デ・コブレの幽霊
The Ghost of Sierra de Cobre (1964)
「ナイトスクープ」で幻のホラー映画が見たいって依頼で知った。版権の所在が不明で、結局1カットたりとOAされなかっただけに気になる幽霊映画となった。
CBSのTVシリーズ用に制作されたパイロットで、怖すぎて放送できず、お蔵入りになったほどめっちゃ怖いらしい。監督脚本はジョセフ・ステファノという脚本家で、この映画が唯一の監督作。この映画の前に、ヒッチコックのために「サイコ」の脚本を書いた人。2006年に84歳で亡くなった。

アメリカでは放送されなかったものの、英加豪ではTV放送された。日本でも1967年に日曜洋画劇場で「ミイラ男の呪い」と二本立てで放送されたことがあるそうだけど、小2のオレは多分見てない。PD化まであと5年、そしたら500円でリリースされるかもしれん。

オススメユーレイ映画3本。
恐怖の足跡
恐怖の足跡
Carnival of Souls
(1962)
回転
回転
The Innocents
(1961)
アザーズ
アザーズ
The Others
(2001)

tag : ホラー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer