ジェニファー・コネリーの後ろ姿

sanbashi.jpg
左は、アレックス・プロヤス監督の「ダークシティ」 (1998)、右は、ダーレン・アノロフスキー監督の「レクイエム・フォー・ドリーム 」(2000)。後ろ姿で海をながめてる女は、どちらもジェニファー・コネリー。2つのシーンは、まったくそっくりだが、後発のアノロフスキーは、まったくの偶然だと主張する。彼がこのカットをイメージしたのは、ジェニファーをキャスティングする前で、「ダークシティ」も公開されてなかったとのこと。そうですか...偶然なのかなあ。

と、思ったら、これだけじゃなかった!
sanbashi1.jpg
ヴァディム・パールマン監督の「砂と霧の家」 (2003)が、またしてもジェニファー・コネリーがらみで類似ショット。鳥が加わったものの、こりゃもう、間違いないね。他にもジェニファー・コネリーが出てる映画で、こんなシーンが出てこないか注意してみてみましょう。

ダークシティレクイエム・フォー・ドリーム デラックス版砂と霧の家 特別版

tag : 類似 場所 俳優

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示