『ダンケルク』のフォーマット

大画面&フィルム大好きノーランの『ダンケルク』の劇場フォーマットは6種類。このうち日本で上映されるのは4種類。『ダンケルク』は75%をIMAX70mmフィルム、25%をパナビジョン65mmフィルムで撮影・編集してる。
画面比だけで比較するとIMAXがいかに縦に広いかよくわかる。
dunkirk_AR.jpg
解像度の比較は、





スクリーン形式画面比解像度国内上映
IMAX70mmフィルム1.43:118K-
70mmフィルム2.20:112K-
35mmフィルム2.40:16K
IMAXレーザーデジタル1.9:1/1.43:14K
IMAXデジタル1.9:12K
DCPデジタル2.20:12K/4K

最適な「IMAX70ミリフィルム(18K相当)」で観たいけど、日本ではこれを上映できる劇場はなくなっちゃったので。
てことで国内最適は「IMAXレーザー4K」なんだけど、大阪の109シネマズエキスポシティただ1館のみ。一部のシーンで画面比が変わるみたいだけど。
ほとんどの劇場は「IMAXデジタル2K」か「DCP2K」の上映なんだよね。「DCP4K」のところあるんかな?
せめて「70ミリフィルム(12K相当)」で観たいけど、国内上映はなし。でも「35ミリフィルム(6K相当)」なら名古屋のミッドランドスクエアシネマと銀座の丸の内ピカデリーで特別上映がある!ということで、都内最適は丸の内ピカデリー。9月9日~18日の9日間限定。

tag : 劇場 IMAX

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示