『新感染 ファイナル・エクスプレス』は釜山行き

Train to Busan(2016)118分

Train to Busanこの映画観るのは2回目。去年 YouTube で見たとき、スクリーンで見たいと思った。『釜山行き』でいいのに『新感染』ってフザけたタイトルがクソ。20分で最初の感染者が出て来る。KTXと大量の感染者すげー。感染者はグロくないぶん動きがいい。モブもすげーいい。とにかく元気なヤツら。

自分だけ助かればいいって主人公が斬新。逆にマ・ドンソクのサンファいいわあ、ヤな奴かと思ったらイイ奴。自己犠牲のカッコいい描写。キャラがよくできてる。バス会社の重役や姉妹、野球部。よくできたパニック映画だった。韓国映画でいちばん好きかも。別れたくないスアンと噛まれたパパ。機関車から落ちる影、感動のラスト。

監督のヨン・サンホってアニメの監督なんだ。韓国のブラッド・バードだな。製作費は850万ドル、セットは2両ぶん。
    関連映画
  • プリクエルのアニメは『ソウル・ステーション/パンデミック』(2016)

tag : 鉄道 ホラー アクション サバイバル ゾンビ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示