カルビンには叶わない『ライフ』

life_title
Life(2017)104分

Lifeギレンホールが出る映画にハズレはない。『メッセージ』でがっかりした人を元気にしてくれる。ファーストコンタクト映画はこうでなくちゃね、アバンタイトル長っ!って思ったけどね、カルビンちゃんが成長しだすともう大変。火星の生物恐ろしや、気色悪う〜。もっともっと身近な『エイリアン』。見た目は軟体でキショくて形態変化速いし、凶暴で攻撃的だし、頭はいいしで理想的な宇宙生物。

ISSのクルーは6人、カルビンちゃんに次々に殺されていくよー。ISS内の無重力描写いいねえ。酸素キャンドル。ラストのオチも最高だぜ。真田広之の奥さんカズミ役は名古屋出身の森尚子。娘はメイちゃんだと!
    関連映画
  • 全体的なベースは『エイリアン』(1979)
  • カルビンは炭素体宇宙生物なので『宇宙大怪獣ドゴラ』(1964)
    Calvin
  • カルビンを蘇生させようとする時『ZOMBIO/死霊のしたたり』(1985)に喩えられる
  • カルビンの位置をモニターするのは『エイリアン2』(1986)
  • カルビンをスラスターで駆除しようとするのは『エイリアン』(1979)
  • 監督が参考にしたのは『市民ケーン』(1941)、『深夜の告白』(1944)、『遊星よりの物体X』(1951)、『現金に体を張れ』(1956)、『黒い罠』(1958)、『美女と液体人間』(1958)、『恐怖の火星探険』(1958)、『マックィーンの絶対の危機』(1958)、『ミステリー・ゾーン』(1959)、『ブラボー火星人』(1963)、『2001年宇宙の旅』(1968)、『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』(1968)、『遊星からの物体X』(1982)、『ブロブ/宇宙からの不明物体』(1988)、『エウロパ』(2013)

tag : Sci-Fi 侵略 サバイバル 宇宙 エイリアン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示