海上の地獄『バーニング・オーシャン』

Deepwater Horizon(2016)107分

Deepwater Horizonピーター・バーグが2010年4月20日の石油掘削施設ディープウォーター・ホライズンの爆発炎上事故を映画化したってんで観ないとね。さすがピーター・バーグ、容赦ねえ、クソリアル!いや、リアル以上。時間と費用をケチってセメント検査しない会社のせいでえらいことになるわけだ。

事故の前段階が不気味さ満点、やばいよやばいよ。登場人物たちに襲いかかる阿鼻叫喚の地獄絵図。これこそデザスター映画の醍醐味だけど、こっちまで怖くなるほど凄まじい。大量の泥水、吹き上げる炎、崩壊していく映画史上最大級のセット。救助後の様子も克明に描写され、家族との再会は感動的。大量の原油流出までは描かれない。

マーク・ウォールバーグも『ローン・サバイバー』のように生還がやっと。上司カート・ラッセルなんかシャワー中の災難、全身ガラスまみれで『バックドラフト』『ポセイドン』以上に散々な目に遭う。この映画に比べたら『ワイルド・スピード』は楽な仕事だねー。ケイト・ハドソンとは初共演だそうで、父娘ハグあり。そのケイト・ハドソンもドアップに相応しいいい芝居、袖から出る指もたまらん。
    関連映画
  • 油田火災の映画は『ヘルファイター』(1968)、『北海ハイジャック』(1979)、『爆発!海底大油田/ファイヤー・インフェルノ』(1986)、『沈黙の要塞』(1994)
  • 史実を元にしたデザスター映画は『タイタニックの最期』(1953)、『タイタニック』(1997)

tag : 実話 サバイバル デザスター 脱出 救出 ヒーロー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer