『アイアン・ジャイアント』シグネチャーエディション

アイアン・ジャイアント
The Iron Giant(1999)90分

アイアン・ジャイアント監督:ブラッド・バード 脚本:ティム・マッカンリーズ
出演:イーライ・マリエンタール(進藤一宏)、ヴィン・ディーゼル(郷里大輔)、ジェニファー・アニストン(日高のり子)、ハリー・コニック・Jr(井上和彦)、クリストファー・マクドナルド(大塚芳忠)

4分長いシグネチャーエディションを吹替版で見た後、コメンタリーを見た。ブラッド・バードは「ここは大変だった」ばっかし。新しく追加された特典映像がよかった。

『キャメロット』の失敗で『アイアン・ジャイアント』製作が危うくなったので、ワーナーを説得するためにとった方法。それは絵コンテをビデオにしたもの(従来のコンテ撮)より説得力のある動く絵コンテでプレゼン。そのへんで買える安いソフトウェア(Adobe AfterEffects)で簡単に作った。これがアニマティックスの始まり!

恐怖の公開リテーク。原画マン集めて、各担当カットをブラッド・バードがダメ出しする。みんなの前でダメ出しされるのは恥ずかしいけど、共有できるため。ブラッド・バードのリテーク説明は具体的でわかりやすいけどキツイ。
・冷戦時代、地下200メートルに建設された広大な核シェルターがワーナーの倉庫になってる。『レイダース』のラストシーンみたいなとこ。そこには過去のワーナー映画のあらゆる遺産が保管されてる。

アニメ制作がデジタル化され、紙と鉛筆の手描きアニメ技術が消えていくのが残念だと。やっぱりね。アメリカでもそう思ってたんだ。

tag : Sci-Fi アニメーション 新バージョン ロボ ヒーロー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示