のたうち回る銃撃戦『フリー・ファイヤー』

Free Fire(2016)90分

Free Fire英仏合作ドンパチ映画。M-16を30丁のはずがAR-70だったけど、ギャング同士の取引は成立するはずだった。これがメンバーの前夜の因縁から、双方生々しい銃撃戦に突入。たちまち血みどろの修羅場になって全編銃撃戦であっとゆーまの90分。

シューテム・アップ』になるかと思ったら吉本新喜劇的で、カッコええキャラは皆無。撃ち合いつっても、みんなカッコ悪く這いずり回って必死なのがコメディの味になってる。狙撃で介入したプロはあっさり死ぬけど、ギャングのメンバーはなかなか死なないのが面白い。そうそう、致命傷じゃなきゃすぐ死なないよね、みんなしぶといぞ。特にマーティン。最後までこの調子で楽しかった。完全に好み。ジョン・カーナハンも好きそう。髑髏島でカメラ持ってたヒロインもここでは銃撃しまくり。1シチュエーション、1000万ドルの低予算映画。
    関連作品
  • FPSゲーム『カウンターストライク』に着想を得た
  • 倉庫のセットはゲーム『Minecraft』がモチーフ
  • ギャングはジョゼフ・コンラッドの『闇の奥』(1902)を読んでいる

tag : 低予算 クライム スナイパー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer