戦いながら食う『キングコング:髑髏島の巨神』

skullisland.jpg
大イカと戦うレジェンダリーコング、『キングコング対ゴジラ』(1962)で大ダコと戦う東宝コング

Kong: Skull Island(2017)118分

Kong: Skull Islandレジェンダリーの怪獣路線はどれもダメだな。稚拙なコング映画で眠気を我慢するのが大変だった。日本軍パイロットがモーゼル持ってたり、ヒューイの数が増えてたりで、なんかもうダメかなと。ストーリーが陳腐って言われてるけど、お話なんてない。

ヒューイで突破できる程度の嵐を抜ければ髑髏島。いきなりヘリ部隊全滅させられてバカすぎ。文化レベルが低そうな原住民だけど立派な壁を建設してるぞ。30年住んでて島に詳しい米兵がいてよかった。脱出用の船まで用意してくれてた。

秘境探検する登場人物たちはウロウロするだけ。怪獣だ〜、残弾気にせず撃ちまくり、逃げろー!吹っ飛ぶデジタルダブル、ばっかし。元SASはやめて。キング・コングと添え物達。コングのライバル怪獣は戦うのにほどよいサイズだった。

バジェットは1億8500万ドルとでかいけど尺は2時間ない。
    関連映画
  • 『キング・コング』(1933)、『キング・コング』(1976)、『キング・コング』(2005)のリメイク
  • モンスターバース・フランチャイズ2作目
    イク
  • 監督が参考にしたのは『ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録』(1991)、『グエムル-漢江の怪物-』(2006)、『グッド・バッド・ウィアード』(2008)
  • グンペイ・イカリは『新世紀エヴァンゲリオン』(1995)の碇シンジと任天堂の横井軍平から
  • マーロウとコンラッドは『闇の奥』(1902)の主人公マーロウと作者のジョゼフ・コンラッドから
  • モナークは『GODZILLA ゴジラ』(2014)で描かれてる
  • 島に墜落した日米の軍人が生存のために協力するのは『太平洋の地獄』(1968)
  • 2本足で立つコングのプロポーションは『キング・コング』(1976)
  • コングが巨大タコと戦うのは『キングコング対ゴジラ』(1962)から
  • 『キング・コング』(1976)でコングを退治したヒューイヘリ部隊が冒頭であっさり全滅する
  • 兵士がクモに貫通されたのは『食人族』(1980)
  • 飛行機の残骸をリビルドして脱出するのは『飛べ!フェニックス』(1965)
  • ハンクのジャケット「GOOD FOR YOUR HEALTH」は『アキラ』(1988)で金田が着ていたジャケットから
  • パッカードのジャケット「Lizard Company」は『タクシー・ドライバー』(1976)でトラビスのジャケット「King Kong COMPANY」から
  • ボートでジャングルの河を上るのは『地獄の黙示録』(1979)
  • ペイントした原住民は『地獄の黙示録』(1979)のカーツ帝国
  • 原住民と共に生存していたハンクは『地獄の黙示録』(1979)のフォトジャーナリスト
  • 部下の復讐に走るパッカードは『白鯨』(1956)のエイハブ船長
  • スカル・クロウラーは『キング・コング』(1933)の崖をよじ上って来るクリーチャー。
    skullisland1.jpg
  • スカル・クロウラーのデザインは『新世紀エヴァンゲリオン』(1995)の使徒サキエル、『千と千尋の神隠し』(2001)のカオナシ、『ポケモン』(1997)のカラカラ
  • コングがスカルクロウラーの口をこじ開けるのは『キングコング』(1933)『キングコングの逆襲』(1967)、『キング・コング』(2005)
  • エンドロール後の未確認生物はラドン、モスラ、キングギドラ、ゴジラで『地球最大の決戦』(1964)

tag : フランチャイズ リメイク 怪獣 ヘリ サバイバル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示