『バイオハザード:ザ・ファイナル』完結?

biohazard.jpg
Resident Evil: The Final Chapter(2016)106分

バイオハザード:ザ・ファイナル海外の評価がないと思ったら日本最速だったのね。最終作ってことで観てみればうまくまとまってた。アバンタイトルで発端から説明され、そんな前まで!って思ったが意味があった。原点回帰なのね。つまり、Tバイラスとアリスの真相が明らかになる。

映画としてはアクションアクションで、細かいカット割りで、ポール得意の「よくわからんがすごいことになってる」って思わせる。ナイトシーンは物量がすごいけど暗いし。最終作だけにアーカイブフッテージも大量投入。ポールがやり残したアイデアを全部ブチ込んだようで、ストーリーテリングはまるでホラ話。懐かしのハイブでは1作目のたけし城で面白かった。続き作る余地は残してあったけど、もうないだろうな。

クレア、ウェスカーそしてアイザックス再登場。禁断のクローン設定も使って来たなーw、今なら「カリーシ」って言いそう。ローラはセリフ1言ですぐ死ぬチョイ役だけど、クレジットの扱いはでかかったw。
    関連映画
  • 『バイオハザード』(2012)の6作目
  • アリスの記憶がないのは、『ブレードランナー』のレプリ

tag : フランチャイズ Sci-Fi ゾンビ 続編

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示