こんなところには行きたくない『ボーダーライン』


Sicario(2015)121分

Sicario原題のシカリオはスペイン語でヒットマンの意味。この映画で誰のことかってえと、おっと。FBIとSWATの壮絶な突入から始まる。CIAとメキシコ麻薬カルテルの戦争に加わるFBIのケイト。世界一住みたくない都市、フアレスへようこそ。いやーな空気感が漂う映像。主人公ケイトと共に現実を学ぶ。『地獄の黙示録』で狂気を体験するウィラードみたいに。渋滞の中の銃撃戦はリアルでよかった。緊張感を煽る音楽が伊福部昭っぽくてカッコいい。『キングコング対ゴジラ』の大ダコが出てきそう。

特殊なミッションには裏の目的があって不安だし、残虐なカルテルには容赦ない拷問トンネル急襲はSWATも参加。自由射撃。キャメラは揺らさず計算されたカット割で、色調も見事。アカデミー撮影賞ノミニーだけある。

エミリー・ブラントは相変わらずカッコイイ。狂気に身をおきながら、咄嗟にグロック19を撃ったり、撃てなかったり。ベニチオ・デル・トロは期待通りの怪演。往年の牧伸二がウクレレの代わりにMP5を構える。ホレイショ・ケインのようにボス宅に単身突入家族と食事中のボスをHK Mk23で殺すシーンも好き。続編が楽しみ。
    関連映画
  • 同じ邦題でまったく別の映画『ボーダーライン』(2002)と『ボーダーライン』(1980)は日本では劇場未公開
  • 現場に派遣されて、ミッションを通して狂気の世界を目の当たりにするのは『地獄の黙示録』(1980)
  • B.デル・トロはE.ブラントに「お前は狼男じゃない」と言う。2人が共演した『ウルフマン』(2010)を踏まえて
  • 正義の下に残忍な手口も厭わない行為を否定する主人公は『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)
  • アメリカとメキシコの麻薬カルテルの戦争は『トラフィック』(2000)

tag : クライム 暗殺者 CIA FBI 拷問 SWAT 特殊部隊 近接戦 場所

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示