コミックも描く『エージェント・ウルトラ』

American Ultra(2015)96分

American Ultra脚本がジョン・ランディスの息子で『クロニクル』のマックス・ランディスなので観た。CIAの実験で過去の記憶を消され工作員化って、トレッド・ストーン計画みたいだが、実在したMKウルトラ計画の方。命を狙われて、スーパー工作員のスキルを覚醒させられる。『陰謀のセオリー』や『ボーン・アイデンティティー』でおなじみの展開。

ジェシーの演じたマイクは「ゾンビランド」のコロンバスと被る。ホームセンターで商品が武器って『イコライザー』かよ!フライパンで弾道変えて銃撃とか高度すぎ!K.スチュワートのフィービーかわいいな。指輪渡すタイミングが絶妙で涙が出た。このままバット・エンディングでもいいくらい。木と車の喩え話が裏返るのが面白い。出番少ないけどジョン・レグイザモが出てた。マイクが描いてたコミック「アポロ・エイプ」はエンドタイトルでアニマティック化。OPと合わせてここで見れるよ。
    関連映画
  • 元ネタは『ボーン・アイデンティティー』(2002)
  • 『陰謀のセオリー』(1997)で、以前の記憶を消されたタクシー運転手のジェリーが暗殺者として覚醒する。彼はMKウルトラの被験者だった。
  • CIAによる実在した人体実験MKウルトラ計画は『実験室KR-1』(2009)で描かれる
  • 洗脳され、無意識に暗殺者になるのは『影なき狙撃者』(1962)
  • 『RED/レッド』(2010)でジョン・マルコヴィッチが演じたマーヴィン・ボッグスはMKウルトラ計画の被験者だったホームセンターで商品を武器に戦うのは「イコライザー』(2014)
  • TVニュースを見てローズが喩えたアンドロメダ・ストレインは『アンドロメダ...』(1971)に登場する宇宙菌株

tag : 近接戦 殺し屋 暗殺者 CIA スパイ アクション

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示