ロッキーと『クリード』

Creed(2015)133分

Creedワーナーのマークがバラけて飛んでニューラインのマークに合体w アポロの愛人の息子って説得力ないなあ。クリード役はヒューマントーチ。アポロを知らないエリート社員のクリードがプロボクサーを目指す動機が不明。懐かしのフィラデルフィア。ロッキーは「ロッキー」(1976)当時のミッキーの年になってる。

デビュー戦はステディカムで2R、1カット!レフェリー気分が味わえる。リバプールでのWBCライトヘビーのタイトルマッチ、王者コンランのキャラがイマイチ。「寝てろ、アドニス!もう立つんじゃねえっ、殺されちまうぞ!」最終ラウンドはさすがにド迫力だが「ロッキー」と同じ展開。涙はこぼれたが、焼き直し感は否めない。クリードはアポロにはなれんな。もっと感動できるかと思ったけど残念。ビアンカかわいいけど、難聴設定は?
    関連映画
  • 「ロッキー・ザ・ファイナル」(2006)の続編でスピンオフ。
  • アドニスの「断れない申し出をするつもりだ」は「ゴッドファーザー」(1972)のビトーのセリフ。
  • アポロとロッキーの3度めの戦いは「ロッキー3」(1982)。
  • アポロが死ぬのは「ロッキー4/炎の友情」(1985)
  • ロッキーが新人のトレーナーをするのは「ロッキー5/最後のドラマ」(1990)
  • ロッキー達がTVで見ていたアクションシーンは「スカイフォール」(2012)

tag : フランチャイズ スピンオフ 続編

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer