黒澤明 vs ハリウッド

黒澤明 vs ハリウッド『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて
田草川 弘(著)、文藝春秋

これまで、「トラトラトラ!」の黒澤監督降板事件については、「黒澤明集成III」の白井ルポと、「黒沢明―天才の苦悩と創造」に掲載された資料が、手がかりだった。この本は当時の資料や記録、証言に、アメリカでの取材も加えて、かなり詳細に「虎虎虎」のメイキングを再現してた。やる気満々で取りかかったものの、破綻していく様子がリアル。黒澤からすればザナックは神でもフライシャーはクズなんだろう。ミクロ野郎改めケチャップ野郎(笑)東映京都もお気に召さなかったらしい。B班監督の佐藤純弥や製作のエルモもいい仕事したんだが。


tag : メイキング 監督

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer