脳を100%使え!「リミットレス」

リミットレス
Limitless (2011) 105分

Limitless監督:ニール・バーガー  原作 アラン・グリン『ブレイン・ドラッグ』
出演:ブラッドリー・クーパー(浜田賢二)、ロバート・デ・ニーロ(佐々木勝彦)、 アビー・コーニッシュ(斎藤恵理)、アンドリュー・ハワード(仲野裕)、アンナ・フリエル(藤貴子)

「俺はエディ・モーラ。NYで作家をやってる。出版契約もかわした。実は行き詰まってて、彼女のリンディにも見放された。偶然出会った元嫁の弟ヴァーノンにもらった透明のドラッグを飲んでみたら、脳を100%使えるようになって小説を一晩で書き上げた。俺の人生は一変した。もっとこのドラッグが必要だ。俺はヴァーノンを訪ねた。しかし…」

メインタイトルからカッけえ。Googleストリートビューみたいなの、本編でも出てくる。インフィニティ・ズームって言うやつ。脳を100% 使う話では「ルーシー」よりはるかに面白かった。平常時と覚醒時で色味変えたり、「ドラゴンへの道」を引用したり。撮影も凝ってた。NZT48欲しくなる。ニール・バーガーの「幻影師アイゼンハイム」も見たいけど、「リミットレス」のTVシリーズも見てみたいなあ。
    関連映画
  • リンディの職場に貼ってあるのは「アンダーカヴァー」(2007)のポスター
  • 薬で脳機能を拡張するのは「ボーン・レガシー」(2012)、「ルーシー」(2014)
  • 格闘時に思い出す映画は「ドラゴンへの道」(1972)

tag : Sci-Fi

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示