007 スペクター

Spectre
Spectre(2015)148分

Spectre先行初日に観た。今回は最初にガンバレル。メキシコのお祭り〜ボンドがコスプレで登場〜ホテルへ〜エレベーターで部屋へ〜部屋の窓から外へ〜ターゲット発見〜グロック17のカービンカスタムで狙うまで1カット。ビル爆破で大惨事!のはずが祭りは続いてるしwユーロコプターのヘリBo105内での戦い、なぜか両側のドアが開いてる。広場で右往左往するメキシコ人モブ。指輪ゲット、スペクターのマークがカワイイ。アバンタイトルはよかったな。そしてタコモチーフのタイトルでちょっと不安に。

前作がよかっただけにサム・メンデスに期待したんだけど、あとはつまらんかった。今回ボンドはスパイでなく停職中の殺し屋。ボンドの都合で話は進む。列車内でマドレーヌにP226を勧め、食堂車でイチャイチャしてると襲撃される。マドレーヌは用意されたドレスにお着替えしてボンドと一緒にボスと対面。詰め襟のコスチュームにペルシャ猫。自慢の基地を案内してもらい、抱負と真相を聞く。その後は拷問タイムね。ハデな銃撃戦も極上スタントもない。ローマでのDB10とC-X75のカーチェイスは夜だし、バティスタは動機不明な格闘要員。これまでのシリーズ全23作からの引用が散りばめてあって見覚えある場面が多いのはともかく、展開上あれ?って思う場面も多い。そりゃダブルオーセクションも解体されるわ。

宿敵エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドが登場し、スペクターが描かれるのに、スケールちっさ。砂漠の真ん中のクレーター内にあるスペクターの秘密基地、駅から遠いわ、空から丸見え、爆破も簡単。ボンドガールにP226を勧めるボンド。バジェットはシリーズ最高の巨額2億4500万ドル!
ring
    関連映画
  • アバンタイトルが祭りで始まるのは「黒い罠」(1958)
  • メキシコのホテルの部屋番号237号室は「シャイニング」(1980)の幽霊部屋から
  • ボンドガールが敵の基地で着替えるのは「ドクター・ノオ」(1962)
  • ブロフェルドのコスチュームは「ドクター・ノオ」(1962)のノオ博士
  • スペクターのマーク入り指輪は「ロシアより愛をこめて」(1963)でブロフェルドがつけている

  • アストンマーチンの射出座席は「ゴールドフィンガー」(1964)から
  • スペクターのタコマークは「サンダーボール作戦」(1965)のタコマークのアップデート
    Spectre mark
  • ブロフェルドの顔の右目を通る傷は「007は二度死ぬ」(1967)から
  • 雪山の頂上に病院があるのは「女王陛下の007」(1969)と同じ
    女王陛下の007
  • ボンドがネズミに話しかけるのは「ダイヤモンドは永遠に」(1971)
  • 腕時計で危機を脱するのは「死ぬのは奴らだ」(1973)
  • 祭りでのボンドの仮装は「死ぬのは奴らだ」(1973)のサメディ男爵
    死ぬのは奴らだ
  • 祭りの中、屋根伝いにターゲットを追うのは「ゴッドファーザーPART II」(1974)のビトー・コルレオーネ
  • ヘリコプターが360°回転するのは「黄金銃を持つ男」(1974)の車
    黄金銃を持つ男
  • ヒンクスが樽に引っ張られるのは「ジョーズ」(1975)のサメ。そのジョーズは「私を愛したスパイ」(1977)の大男殺し屋の名前
  • ボンドが殺した悪人(スキアラ)のパートナー(妻ルチア)に接触するのは「私を愛したスパイ」(1977)
  • スペクターの情報センターとロープウェイのシーンは「ムーンレイカー」(1979)
  • ボンドが相手に自分の銃を使わせるのは「ユア・アイズ・オンリー」(1981)
  • ヘリコプターにしがみつくアクションは「ユア・アイズ・オンリー」(1981)
    ユア・アイズ・オンリー
  • メインタイトルでタコのモチーフが使われるのは「オクトパシー」(1983)
  • 「スペクター」は「ネバー・セイ・ネバー・アゲイン」(1983)の実現しなかった続編のタイトル
  • 階段を車で駆け下りるのは「美しき獲物たち」(1985)
  • ブロフェルドが殺されずに逮捕されるのは「リビング・デイライツ」(1987)のコスコフ
  • ボンドが休職するのは「消されたライセンス」(1989)
  • ジュディ・デンチのカメオはM役で初登場した「ゴールデンアイ」(1995)から20周年記念
  • スキアラから情報を入手するのは「トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997)
  • テムズ川をボートで追うのは「ワールド・イズ・ノット・イナフ」(1999)
  • ヒンクスの名前は「ダイ・アナザー・デイ」(2002)のジンクスの捩り
  • ヴェスパーとル・シッフルは「カジノ・ロワイヤル」(2006)に登場した
  • ミスター・ホワイトは「ユア・アイズ・オンリー」(1981)、「カジノ・ロワイヤル」(2006)、「慰めの報酬」(2008)に登場した
  • ドミニク・グリーンは「慰めの報酬」(2008)に登場した
  • ラウル・シルヴァとパトリスは「スカイフォール」(2012)に登場した
  • ブロフェルドは「ロシアより愛をこめて」(1963)声のみ、「サンダーボール作戦」(1965)声のみ、「007は二度死ぬ」(1967)、「女王陛下の007」(1969)、「ダイヤモンドは永遠に」(1971)、「ユア・アイズ・オンリー」(1981)、「ネバー・セイ・ネバー・アゲイン」(1983)に登場した

tag : MI6 フランチャイズ 鉄道 殺し屋 スパイ チェイス アクション 拷問 続編

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer