恐怖の詩学 ジョン・カーペンター

恐怖の詩学 ジョン・カーペンター人間は悪魔にも聖人にもなるんだ
The Prince of Darkness by Gilles Boulenger
ジル・ブーランジェ(編集)、井上正昭(訳)、フィルムアート社

作品インタビューは「ダークスター」から「ゴースト・オブ・マーズ」まで全作品。「物体X」の失敗でホされて、いやいややった「クリスティーン」で復活、「透明人間」で挫折。ダン・オバノンとの友情と確執。H.ホークスを絶賛し、ヒッチコックを批判する。「片腕ドラゴン」シリーズ大好き。カーペンターは思った通りの人だった。


tag : 監督

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示