90年代の映画ワースト20

海外サイト「Rifftrax」で、「RiffTrax's Worst Movies of The 90s」が発表されました。
20位 『スピード2』1997
19位 『ミュータント・ニンジャ・タートルズ3』1994
18位 『D.N.A.』1996
17位 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』1999
16位 『アナコンダ』1997
15位 『ハイランダー2/甦る戦士』1992
14位 『スパイス・ザ・ムービー』1998
13位 『モータルコンバット2』1997(未)
12位 『ストリートファイター』1995
11位 『ショーガール』1995
10位 『ウォーターワールド』1995
9位 『クール・アズ・アイス』1992
8位 『バイオドーム』1996(未)
7位 『トロル2/悪魔の森』1990(未)
6位 『カラクル・アドベンチャー/カザーン』1996(未)
5位 『GODZILLA ゴジラ』1998
4位 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』1999
3位 『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』1993
2位 『バトルフィールド・アース』2000
1位 『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』1997

ラジー賞でおなじみのバカ映画がズラリ・・・いやいや、ちょっと待ってよ、なんとオレの好きな映画が6本も入ってやんの!それは、
1位『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』初期4作で一番楽しい。バットガールかわいい。
2位『バトルフィールド・アース』ビジュアルがすげえ凝ってるし
4位『スター・ウォーズ ファントム・メナス』新3部作で一番好き
5位『Godzilla ゴジラ』2014年版ギャレゴジより好き
11位『ショーガール』過激さがたまらん
16位『アナコンダ』サービス精神旺盛!
以上、なんでワーストなんだよー!ラジー賞にとらわれんなよ

『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』テンポがもの凄くいいし、見せ方がジャパニメっぽくてキャメラ編集もキビキビしてる。ゴッサムシティのプロダクションデザインも素晴らしい!


『バトルフィールド・アース』はパンテオンで封切ったのに、すぐ渋谷東急に落ちて、観に行ったときは渋谷東急3に下がってた。わずか2週間。廃墟やドームがよくできてて、破壊も爽快。ドッグファイトは迫力あったし、最後は母星木端微塵の大サービス。最低とかトンデモって言われてるけどね。


『スター・ウォーズ ファントム・メナス』つまんないワケがない!久々にハマれる映画!1本の映画をここまで作り込めるなんてすごすぎる!


『GODZILLA ゴジラ』上陸してからしばらくは足しかみせないとか、ビルの崩れとか、いい感じだ。動きも含めてデザインは怪獣っぽくてイイ出来。


『ショーガール』これがあったから『スターシップ・トゥルーパーズ』があるのだ!


『アナコンダ』は蛇に詳しい科学者とか、武装組織とか出てこなくて90分飽きさせない。トップシーンは怪獣ものの王道。

tag : ランキング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer