要塞警察 デラックス版

Assault 13 (1979) 91分
assault13.gif監督:ジョン・カーペンター
出演:オースティン・ストーカー(樋浦勉)、ダーウィン・ジョストン(青野武)、ローリー・ジマー(此島愛子)、トニー・バートン(亀井三郎)、チャールズ・サイファース(細井重之)、マーティン・ウエスト(納谷六朗)、ナンシー・ルーミス(高嶋雅羅)
要塞警察デラックス版JCとしては「ダークスター」と「ハロウィン」の間、日本では劇場未公開で、東京12チャンネルでTV放映された。そん時のタイトルが「要塞警察」だった。ホークスの「リオ・ブラボー」の現代版リメイクだが、「アサルト13 要塞警察」や「スズメバチ」はこちらのリメイク。警察署に立て籠もって、襲ってくるストリートギャングと戦うプロットは「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」に似ている。
何でデラックス版かっつーと、デジタルリマスター&ノートリスクイーズ収録。しかもカーペンターのコメンタリ付き。木曜洋画劇場版の吹替えもノーカット収録。まさに完璧なバージョンで大満足。
特典に、アメリカン・シネマテークで2002年に開催されたJC回顧展でのQ&Aセッションが収録されてた。映像はホームビデオ並なんだけど、内容は濃くて楽しかった。「はっきり言えよ、ヨーロッパで評価が高いのにアメリカではクズだって?気にしないよ~」「低予算映画でナイト・オブ・ザ・リビング・デッドの影響を受けないわけないだろ~」カーペンターはいい人だー。



関連作品
アサルト13 要塞警察


tag : 吹替え リメイク 警察

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer