昭和の前売り半券【9】

1973年〜1982年の前売り券アルバムから、アニメ&SF&ドキュメンタリー編。
半券
「宇宙戦艦ヤマト」(1977)東映、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」(1978)東映、「ヤマトよ永遠に」(1980)東映、「銀河鉄道999」(1979)東映、「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」(1980)東映、「龍の子太郎」(1979)東映、「日本沈没」(1973)東宝、「ノストラダムスの大予言」(1974)東宝、「戦国自衛隊」(1979)東宝、「グレートハンティング」(1975)ヘラルド、「復活の日」(1980)東宝、「ポールポジション」(1978)東映

「銀河鉄道999」はアニメーターになって初めて観た初号。「さよなら」「永遠に」は動画やりました。「龍の子太郎」は「ピンクレディーの春休み」「スタージンガー」「キャプテン・フューチャー」「闘将ダイモス」と5本立て。「グレートハンティング」の併映は「バギーチェイス」でした。

tag : 昭和 チケット アニメーション

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer