キック・アス ジャスティス・フォーエバー

Kick-Ass 2 (2013) 103分

Kick-Ass 2自主映画だった前作からハリウッドメジャーに進出。でも製作費は同じく2800万ドル。2作目なんでこんなもんかなー、大スクリーンで観れるだけで凄いけど。下ネタ、血しぶき、ゲロ噴射、ウンコまで駆使したけどね、お話にインパクトなくなっちゃってガッカリな出来。女子高生ミンディちゃんはキャリーだし、J.キャリーがもったいないし、銃撃戦ないし。いいシーンは靴ぶっ差しと腕チョンパ、NYPDのマスク狩り、身代わりオヤジ、ヒットガールの車上アクション、応援部隊登場、ミンディちゃんの別れのキス顔。最後の乱闘は「ダークナイト・ライズ」かよ。しかしオヤジがよく死ぬシリーズだなー。ジョン・レグイザモが嬉しい。エンド・クレジット後に1シーン。
関連作品:「キック・アス2」と「ヒット・ガール」の映画化、「キック・アス」(2010)の続編。日焼けマシンで死ぬのは「ファイナル・デッドコースター」(2006)、バトル・ガイの作り話は「バットマン・ビギンズ」(2005)、葬儀急襲は「ターミネーター3」(2003)

tag : フランチャイズ コミック ヒーロー 警察 続編 チーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示