ホビット 竜に奪われた王国

The Hobbit: The Desolation of Smaug (2013) 161分

The Hobbit: The Desolation of SmaugDolby 3D、字幕、HFRで見た。真ん中の話としては面白い。今回もドワーフ御一行様徒歩ツアーズ(ちょっと馬あり)なんだけど、161分あっとゆーま。それだけに最後はえ〜!っとなる締め方。すぐ続きが観たくなる!

前作よりHFR 3Dの効果が増したように見える。雨や水しぶき、ロングの空撮がいい感じ。サウロン登場はゾクッっときたね、既視感を使った現れ方がカッコイイ。

ビルボはタイトルロールのくせにオマケみたいなポジションだけど、ちゃんと主役。レゴラス登場、何か太ってるけど、弓矢アクションは相変わらず身のこなし含めてカッコええ!撮影風景を想像すると笑えるけど。新登場のタウリエル、浮いとるなーと思ったら原作にはないキャラなんか。船頭さんのバルド父さん、ええ役だー。

スマウグはよーしゃべるドラゴンだな、一番セリフ多いんじゃない?カンバーバッチはスマウグの声の役作りでイグアナやコモドオオトカゲ観察しただけでなく、上半身パフォキャプまでやってるんだが、そこまで必要かね?「ドラゴンハート」のドレイコだってそこまでしとらん。飛び立った瞬間、キングギドラだ。すぐ落としちゃうけど。
関連映画:3部作の2作目。「ホビット 思いがけない冒険」(2012)と「ホビット ゆきて帰りし物語」(2014)の間の話。「ドラゴンハート」(1996)に登場するドラゴンの声はショーン・コネリーが担当、ドレイコのCGはショーン・コネリーをモデルに作られた。

tag : フランチャイズ 3D HFR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示