馬映画

馬映画

午年なので好きな馬映画を3本。馬映画は感動する話が多いです。
「シービスケット」(2003)は実在した競争馬シービスケットのお話。走る馬の撮影が凄い。特に好きな映画です。この映画を見る度に映画館で観なかったことを後悔させられる。それほど完璧な映画!シナリオと撮影がすげえ。ラスト、POV Follow で終わるのが超感動 。


「戦火の馬」(2011)は児童文学の映画化。スピルバーグのドSぶりは軍馬ジョーイに向けられる!助けてあげて!


「オーシャン・オブ・ファイヤー」(2004)は実在した競走馬ヒダルゴのお話。ダイナミックな野生馬の群れに泣ける。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer