スター・トレック イントゥ・ダークネス

081106.png
Star Trek Into Darkness (2013) 132分

Star Trek Into DarknessJJ映画として最高傑作で、ST映画としても満足な仕上がりだった。冒頭30分はすでにIMAXで観てるけど、字幕で規則ってのが違和感ある。プライム・ディレクティブは規則じゃなくて「艦隊の誓い」なのに。

まあ、今回はリブート2作目ってことで、前作のリサーチをしたんだね、往年のファンが喜ぶ要素を仕込んできた。新クルーのキャロル・マーカス!その父親、マーカス提督はなんとセクション13!こっちの時間軸にもあるんだ!赤シャツとクロノス行ったら、新デザインのクリンゴンと交戦!助っ人はハリソン!カンバーバッチのハリソンって優生人類に見えてくる不思議。と思ったら、本名を名乗ってブッとんだ。えーーーーーー!72基の光子魚雷、そうだったのか!ボタニーベイの生存者数まで合わせてくるかー。「ST2: カーンの逆襲」だったとは!だからキャロル、なるほど!2作目だし「ST2」をもってくりゃ喜ばずにいられない。ニュー・バルカンとの交信で、スポック・プライム再登場!マッコイの「私は医者だ、魚雷エンジニアじゃない」は拍手。

艦隊初の黒船USSヴェンジェンス、悪の船!この発想はなかった。エクセルシオールを凶悪にした感じで、やっぱりスコッティに阻止される。スポックが総員退艦を命令したけど誰も従わず、脱出ポッドは見れんかった。でもその後サプライズ!ワープコアのシーン、同一局面だが立場は逆!って見事な展開、オマージュとも言えるショット。そして今回はスポックが叫ぶ!「Khaaaaaaan!」もう、感心して涙がでたね。いよいよ人類初の試みとして5年間の調査飛行に出発だ!「Mr. Sulu, take us out!」あのテーマと共にTOSにつながる、最高のエンディング!

プログラムに記述ミスあった。光る目玉→光るめだま、エリザベス・テイラー→エリザベス・デイナー。テイラーじゃ女優だよw
関連映画:
  • 秘宝を盗んで原住民に追われるシーンは「レイダース失われたアーク」(1981)の再現。
  • カークがスポックを置き去りにしなかったのは「宇宙大作戦:ゴリラの惑星」(1967)から。
  • ニビル人の絵からエンタープライズになるつなぎは「2001年宇宙の旅」(1968)で投げた骨が宇宙船になるつなぎ。
  • マーカス提督のデスクに「スタートレック ファーストコンタクト」(1996)のフェニックス、「エンタープライズ」のNX-01のスタチューがおいてある。
  • キャロル・マーカスは「スタートレックII カーンの逆襲」でジェネシス計画のリーダー。カークの息子の母親でもある。そのルックスは「宇宙大作戦:光るめだま」(1967)のエリザベス・デイナー博士に似ている。サービスカットの着替えシーンは「謎の円盤UFO」(1970)のムーンベースでのエリス中尉的な。
  • セクション13は「ディープ・スペース・ナイン: 記憶なきスパイ」や「エンタープライズ: クリンゴンの苦境」に登場する惑星連邦の諜報機関から。
  • クロノス潜入前、カークは赤の制服を隠すように指示する。赤シャツは「宇宙大作戦」の上陸班で殉職するエキストラ。
  • クロノス侵入のチェイスは「ジェダイの帰還」(1983)のデススタートレンチ。
  • カーン・ノニエン・シンは「宇宙大作戦: 宇宙の帝王」(1967)に登場する優生人類で20世紀の独裁者。72基の光子魚雷はUSSボタニーベイの生存者数(カーン含む)と一致する。その後日談「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)ではカーンはUSSリライアントをジャックしてUSSエンタープライズを攻撃する。
  • 光子魚雷を冬眠装置にするのは「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)でスポックの棺へのオマージュ。
  • マッコイがかつて帝王切開したゴーン人は「宇宙大作戦: 怪獣ゴーンとの決闘」で登場。
  • スポック・プライムは「スタートレック」(2009)に続いてのゲスト出演。
  • 「スタートレックII カーンの逆襲」(1982)でワープコアの修理で殉職するのはスポックで、ガラス越しのカークとの別れは名シーン。また「カーーーーン!」と叫ぶのはカークの方。
  • マッコイが生き返ったトリブルに気付くのは「E.T.」(1982)で花が生き返るのに気付くエリオットの引用。
  • 人類初となる5年間の探査は「宇宙大作戦」のミッション。

tag : フランチャイズ オマージュ Sci-Fi

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示