ワールド・ウォーZ

World War Z (2013) 116分

World War ZZはゾンビなので邦題は「ゾンビ大戦」だとわかりやすい。

製作費は、ゾンビ映画としては破格の2億ドル。「ドーン・オブ・ザ・デッド」の10倍、「ゾンビ」の200倍!ブラピだから実現した超大作ゾンビ映画。レーティングを考慮したのかゾンビなのにKNB的どころかサビーニ的描写すらない。人体損壊も血しぶきもなくゾンビの状態はいいけど、かつてない物量で来た。群れで行動し、獲物に襲いかかる様はド迫力。噛まれたら12秒という早さでゾンビ化。死人じゃなく感染者になるわけだー。

まずは安定したキャメラが一転無秩序になるデザスターのフィラデルフィア脱出劇。ドッカーンときて耳がキーン!A-10が飛んでる〜!空母USSアーガスからアントノフAn-12が発艦して第2幕、パニックアドベンチャーの発生源探索ミッション。エルサレムの壁が突破され、フォローだったり空撮だったりの地獄絵図描写。締めはB767で「スネークフライト」のゾンビ版、チワワをきっかけに機内は阿鼻叫喚。7500万ドルで追加撮影した第3幕はWHOでのスニーキングアクション。ゾンビいっぱいのB棟に行って帰ってくるミッション。監視カメラがスリルを盛り上げる。
関連作品:原作はマックス・ブルックス著「WORLD WAR Z」ってゾンビ戦争終結から10年後の回想録。ただし映画は回想でなく戦争そのものを描いてる。


tag : 空母 航空機 ゾンビ デザスター

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer