ワイルド・スピード EURO MISSION

ワイルド・スピード右は1作目「ワイルド・スピード」へのオマージュシーン

Furious 6 (2013) 130分

Furious 6すげえ面白かった。オープニングが過去作のモンタージュ、「3」がなかったことになったと喜んだら、最後につながった。4作目からの3部作ラストにしてシリーズ最高傑作。

ファミリーが再結集して「捜索者」のような展開に目が離せない。みんないつもよりカッコええ!敵も同じような顔ぶれなのも面白い。ドミニクとレティのレース、ドミニクとホブスのタッグは萌える。アタマからケツまで客を楽しませよう、驚かせようという作り手の情熱を感じる。これが映画だ!って威張っていいよ。うわわっ、マジかよ?!ってシーンが5つ(レティが撃つ、ドムのダイビングキャッチ、ミアの誘拐、ジゼル決死のシューティング)、涙が出たシーンが2つあった。

ロンドン市内でのチェイス、ハイウェイでのチーフ10チェイス、クライマックスは壮絶。アントノフの離陸阻止はサンダーバードの第1話ファイヤーフラッシュの逆!今回、銃撃戦や肉弾戦も多く「ザ・レイド」を意識した戦いもあって大満足。ラストは渋谷に戻って、ついにあの男が登場!こいつを敵に回したらヤバイぜ。
関連映画:「ワイルド・スピード MAX」(2009)「ワイルド・スピード MEGA MAX」(2011)の完結編。「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(2006)のプリクエル。ラストの食事の祈りシーンは「ワイルド・スピード」(2001)の再現

tag : フランチャイズ 戦車 航空機 格闘 アンサンブル チェイス チーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示