fc2ブログ

『ワイルド・スピード EURO MISSION』

ワイルド・スピード
右は1作目「ワイルド・スピード」へのオマージュシーン

Furious 6 (2013) 130分

Furious 6監督:ジャスティン・リン 脚本:クリス・モーガン
撮影:スティーヴン・F・ウィンドン 音楽:ルーカス・ビダル
ドム:ヴィン・ディーゼル、ブライアン:ポール・ウォーカー、ルーク・ホブス:ドウェイン・ジョンソン、レティ:ミシェル・ロドリゲス、ミア:ジョーダナ・ブリュースター、ローマン:タイリース・ギブソン、テズ:クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ハン:サン・カン、ジゼル:ガル・ガドット、エレナ・ネベス:エルサ・パタキー、オーウェン・ショウ:ルーク・エヴァンズ、ライリー・ヒックス:ジーナ・カラーノ、デッカード・ショウ:ジェイソン・ステイサム

すげえ面白かった。オープニングが過去作のモンタージュ、「3」がなかったことになったと喜んだら、最後につながった。4作目からの3部作ラストにしてシリーズ最高傑作。

ファミリーが再結集して『捜索者』のような展開に目が離せない。みんないつもよりカッコええ!敵も同じような顔ぶれなのも面白い。ドミニクとレティのレース、ドミニクとホブスのタッグは萌える。アタマからケツまで客を楽しませよう、驚かせようという作り手の情熱を感じる。これが映画だ!って威張っていいよ。うわわっ、マジかよ?!ってシーンが5つ(レティが撃つ、ドムのダイビングキャッチ、ミアの誘拐、ジゼル決死のシューティング)、涙が出たシーンが2つあった。

ロンドン市内でのチェイス、ハイウェイでのチーフ10チェイス、クライマックスは壮絶。アントノフの離陸阻止はサンダーバードの第1話ファイヤーフラッシュの逆!今回、銃撃戦や肉弾戦も多く「ザ・レイド」を意識した戦いもあって大満足。ラストは渋谷に戻って、ついにあの男が登場!こいつを敵に回したらヤバイぜ。
    関連映画
  • 『ワイルド・スピード MAX』(2009)「ワイルド・スピード MEGA MAX」(2011)の完結編
  • 『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)のプリクエル
  • ラストの食事の祈りシーンは『ワイルド・スピード』(2001)の再現
関連記事

tag : フランチャイズ戦車航空機格闘アンサンブルチェイスチームロンドン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ