fc2ブログ

『REBEL MOON:パート2 傷跡を刻む者』

REBEL MOON:パート2 傷跡を刻む者
Rebel Moon - Part Two: The Scargiver(2024)122分 2.76 : 1

REBEL MOON:パート2 傷跡を刻む者監督・原作・撮影:ザック・スナイダー 脚本:ザック・スナイダー、シェイ・ハッテン、カート・ジョンスタッド
音楽:ジャンキーXL
VFX:フレームストア、Weta FX、スキャンラインVFX、ルマ・ピクチャーズ、ロデオFX、マンマル・スタジオ、デイ・フォー・ナイト
出演:コラ/アースレイアス:ソフィア・ブテラ(沢城みゆき)、ガンナー:ミキール・ハースマン(小林親弘)、タイタス将軍:ジャイモン・フンスー(立木文彦)、カイ:チャーリー・ハナム(杉田智和)、タラク:スタズ・ネアー(武内駿輔)、ネメシス:ペ・ドゥナ(竹内絢子)、ダリアン・ブラッドアックス:レイ・フィッシャー(諏訪部順一)、デヴラ・ブラッドアックス:クレオパトラ・コールマン、ハルマーダ:ジェナ・マローン)、ミリウス:E・ダッフィー、ジミー:アンソニー・ホプキンス(池水通洋)、シンドリ:コリー・ストール、アティカス・ノーブル提督:エド・スクライン(神谷浩史)、摂政バリサリウス:フラ・フィー(土田大)、ラフマン:ジェームズ・オハロラン(一ノ瀬ワタル)

半年待ったNetflix映画 の後編。ザック・スナイダーが「俺はジョージ・ルーカスになる!」と『七人の侍』を『スター・ウォーズ』にした。おいしい要素テンコ盛り。まずは村から戦士への感謝で旗を寄贈するシーンよかった。宴の後は戦闘準備でワクワク。この星の農民はスジがいい。『七人の侍』と違うのは、村を守る戦士たちがマザーワールドに恨みがあること。そして後半1時間は壮大なバトル。ドロップシップがウルトラホーク3号みたいに滝から発進カッコええ。

地上戦は1コマ1コマの熱量がすげえ。血しぶき代わりが溶けたスラッグ。全員に見せ場がある。隠れた村人を守って戦う二刀流剣士ネメシスが渋い!カッコええ!テビっ子に「がんばったね」の最期は泣けた。帝国のAT-TEみたいな戦車が圧倒的火力。7人目になりそーだったロボ兵のジミーがええとこで参入して大活躍!

マザーワールド弩級艦ドレッドノートの主砲シーンで『ナバロンの要塞』になる。クルクル回すのもある!墜落中のドックでコラとノーブルの戦い。傾く船から脱出していく戦闘機群。ガンナがー。デヴラの反乱軍飛行隊が航空支援で締め!気持ちええー。「姫を捜し、戦う!」で第1部完。全6部作だそうだが、大丈夫か?製作費は8300万ドルでこの規模の映画としては意外と少なく思うけど、1作目は9000万ドルだったので合わせて1億7300万ドル。

REBEL MOON:ユニバース誕生の舞台裏
Creating a Universe: The Making of Rebel Moon(2024)28分 1.78 : 1

Netflixにメイキングもあった。広角レンズを自作して、ザック自ら撮影しながら指示も出す。『スター・ウォーズ』はグリーンやLEDスタジオだけど、『七人の侍』と同じくヴェルトの村を建設。そこは黒澤なのか!川も作った。広大な小麦畑も作った。スケールでかっ!ドロップシップの土煙や家屋の爆発はリアルだと思ったらホンモノだった。
    関連映画
  • REBEL MOON:パート1 炎の子』(2023)の続き
  • スナイダー版『七人の侍』(1954)
  • 農民の星を帝国から守るために戦士を招集するのは『宇宙の7人』(1980)
  • 空中戦艦の主砲は『ナバロンの要塞』(1961)
  • 隠れた元戦士、脱走兵、運び屋、賞金稼ぎ、ロボット、帝国は『スター・ウォーズ』(1977)から
関連記事

tag : Sci-Fi宇宙船チームチャンバラアクション傭兵復讐ロボメイキング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ