fc2ブログ

1994年の『トランスフォーマー/ビースト覚醒』

トランスフォーマー/ビースト覚醒
Transformers: Rise of the Beasts(2023)127分 2.39 : 1

トランスフォーマー/ビースト覚醒監督:スティーヴン・ケイプル・ジュニア
脚本:ジョビー・ハロルド、ダニエル・メテイヤー&ジョシュ・ピーターズ、エリック・ホーバー&ジョン・ホーバー
原案:ジョビー・ハロルド
原作:タカラトミー・ハズブロ「トランスフォーマー」
撮影:アントニオ・リエストラ 音楽:ジョングニック・ボンタン
VFX:MPC、WETA、オニクスVFX、
出演:ノア・ディアス:アンソニー・ラモス(中島健人)、エレーナ・ウォレス:ドミニク・フィッシュバック(仲里依紗)、オプティマスプライム:ピーター・カレン(玄田哲章)、バンブルビー:
ミラージュ:ピート・デイヴィッドソン(藤森慎吾)、アーシー:ライザ・コシ(ファイルーズあい)、ホイルジャック:クリスト・フェルナンデス(武内駿輔)、ストラトスフィア: ジョン・ディマジオ(チョー)、オプティマスプライマル:ロン・パールマン(子安武人)、エアレイザー:ミシェル・ヨー(本田貴子)、ライノックス:デヴィッド・ソボロフ、チーター :トンガイ・キリサ(高木渉)、エイプリンク:デヴィッド・ソボロフ(大塚明夫)、スカージ:ピーター・ディンクレイジ(飛田展男)、ナイトバード:MJ・ロドリゲス(柚木涼香)、バトルトラップ:デヴィッド・ソボロフ(三宅健太)、ユニクロン: コールマン・ドミンゴ(山路和弘)、エージェント・バーク:マイケル・ケリー(津田健次郎)

Netflixで吹替えで観た。時系列は『バンブルビー』と1作目の間、1994年。もう、胸熱ショット続出で涙ドバドバ。こーゆーの好きなんよーってのが盛りだくさんで、劇場行かんかったの後悔した。マクシマルはビークル変形ないけど動物的な動きがカッコよかった。

トランスフォーマー/ビースト覚醒
マクシマル、オートボット出動!(Roll Out)で全員が駆け下りてくるショット、ミラージュがノアを庇ってやられるシーン、プライマルが増援スコルポノックをブン投げるとライノックスに乗ったアーシー が撃ちまくって飛び降りてホイルジャックの横でまた撃つショット、ビーが空中ダイブで戦闘に加わってナイトバードを仕留めるショット、「宇宙を1つに(all us one)」でプライマルの手がオプティマスの腕をガッ!とつかむショット、その後オプティマスがトランスフォームして爆走するショット。

トランスフォーマー/ビースト覚醒
オプティマス節も最高! スカージ「1人で俺様を倒すつもりか?」オプティマス「1人ではない!」
スカージを仕留める時の「見せてやる、これがプライムの真のパワーだ!」もオプティらしい。

トランスフォーマー/ビースト覚醒
ユニクロン 「よせプライム、お前の望むものを何でも与えてやる」オプティマス「お前の命だ!」

目的だったトランスワープ・キー、ここまでがんばって結局叶わず。ユニクロンの侵入を防いだものの、オートボットたちの帰路も閉ざされちゃった。1作目につながるまであと2作ある。最後にマイケル・ケリーが出てきたんで、CIAかと思ったらGIジョーだった!えーーーー!

これまでILMが担当したアニメーションがMPCになったのは安かったから。結局やりきれず多くのシーンがカットされ、公開7ヶ月前にWETAが助っ人に入ってアバンやラストバトルを仕上げたそう。

主役2人の吹替えがヘッタクソで初吹替えなのか、玄田哲章や本田貴子の声聞くとすっげえ安心感。藤森慎吾はミラージュのキャラにピッタシなんで違和感なし。「オレのダチに手を出すな!」なんかよかった。プライマルの声はTVシリーズと同じ子安武人。原語版ではゲイリー・チョークに代わってロン・パールマン。
    関連映画
  • 『トランスフォーマー』(2007)シリーズ7作目
  • バンブルビー』(2018)の7年後の続編
  • マクシマルは『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』(1997)から
  • キャラクターのシーンを引用するエンドクレジットは『オズの魔法使』(1939)、『スペースボール』(1987)
  • ノアは穴を覗いて「インディ・ジョーンズか」と言うのは『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)から
  • エイリアンでも不細工な『E.T.』(1982)と’一緒にするな
  • ノアがスカウトされたのは『G.I.ジョー』(2009)
  • ユニクロンは『トランスフォーマー ザ・ムービー』(1986)から
  • ミラージュはロボットにトランスフォームして『ビッグ』(1988)に言及
  • 博物館内でノアとエレナを追いかけられるのは『ジュラシック・パーク』(1993)
  • ミラージュは『ジム・キャリーはMr.ダマー』(1994)からロイドの「気に入っています。とても気に入っています」を引用
  • ミラージュのノアの勧誘時の「お金を見せて」は『ザ・エージェント』(1996)
  • 人間と仲良くなったマルハナバチは『バンブルビー』(2018)から
  • スカージのトラックは『激突!』(1971)から
  • ミラージュのポルシェ964は『バッドボーイズ』(1995)から
  • ノアがケーブルボックスに接続したときにテレビで『ジュース』(1992)が流れる
  • バンブルビーは音声「私の小さな友達たちに挨拶しろ」は『スカーフェイス』(1983)
  • バンブルビーの音声「彼らは私の友達です」は『スタートレックIV 故郷への長い道』(1986)
  • バンブルビーの音声「Yippee ki-yay, Mother Fxxxx」は『ダイ・ハード』(1988)
  • バンブルビーの音声「蹴るためにここに来た」は『ゼイリブ』(1988)
  • バンブルビーの音声「ああ船長、わが船長」は『いまを生きる』(1989)の生徒
  • バンブルビーの音声「真実を処理できない」は『ア・フュー・グッドメン』(1992)
関連記事

tag : フランチャイズ続編シリーズNY侵略チェイスエイリアン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ