fc2ブログ

『私は世界一幸運よ』

私は世界一幸運よ
Luckiest Girl Alive(2022)113分 2.35:1

私は世界一幸運よ監督:マイク・バーカー 脚本:ジェシカ・ノール
原作:ジェシカ・ノール「幸運なんてわたしはいらない
撮影:コリン・ワトキンソン 音楽:リンダ・ペリー
出演:アーニー:ミラ・クニス(小松由佳)、高校生のアーニー:キアラ・オーレリア(藤原夏海)、ルーク:フィン・ウィットロック(小林親弘)、ダイナ:コニー・ブリットン(野村須磨子)、ロロ:ジェニファー・ビールス(伊倉一恵)、ラーソン先生:スクート・マクネイリー(川島得愛)、ネル:ジャスティン・ルーペ(小若和郁那)、アーサー:トーマス・バーブスカ

Netflix映画。原作は「幸運なんてわたしはいらない」で原作者が脚本も担当してる。ミラ・クニスが主演なのでライトなコメディかと思ったら重いMeToo映画だった。性被害に遭った過去を我慢しないでってメッセージ。自由に発言すること。その結果、本当の自分を取り戻して生まれ変われるまでを描いてるいい映画だった。

ニューヨークタイムズの記者を目指すライターのアーニー。上流社会のお金持ちな婚約者もいる。おっかさんも嬉しい。隠しといてよかったでしょって。何を隠してたかっつーと、高校時代に同級生たちにレイプされたこと。銃乱射事件のドキュメンタリー映画出演の依頼を受けたことで、その裏にあるレイプ事件が蘇る。撃たれたレイプ野郎は車椅子で、今では事件の被害者として多くの人に希望を与える人気者になってる。自分はこんなに苦しんできたのに、隠したままでいいのか?被害者は私!ゼンマイ人形のように、聞かれたことしか話さない自分に気づく。

ジェニファー・ビールス編集長から「あなたが本当に望むことを言うのよ、他の誰かの望みじゃなくてね、そして行動しなさい」とアドバイスを受け奮い立つ。自分の体験を綴った記事は多くの女性が共感したことが伝わるシーンは涙でた。友人のネルがすっごくよかった。ジャスティン・ルーペって女優。安心感がある。
    関連サイト
  • ティファニーは包丁を持って「サイコだ」と言うのは『サイコ』(1960)のノーマン・ベイツから
関連記事

tag : NetflixNY復讐ドラマApple

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ