fc2ブログ

『グレートマジンガー対ゲッターロボ』

グレートマジンガー対ゲッターロボ
Mazinger VS. Getta Robot(1975)30分、2.35 : 1

グレートマジンガー対ゲッターロボ演出:明比正行 脚本:藤川桂介
原作:永井豪・石川賢とダイナミックプロ
作画監督:小松原一男 音楽:渡辺宙明、菊池俊輔
出演:鉄也:野田圭一、ジュン:中谷ゆみ、剣造:柴田秀勝、シロー:沢田和子、ボス:大竹宏、リョウ:神谷明、ハヤト:山田俊司、ムサシ:西尾徳、早乙女:富田耕生、ミチル:吉田理保子、ヌケ:加藤修、ムチャ:緒方賢一

これ目当てでまんがまつり観に行ったのは中2の時。DVDも持ってるけど、観ちゃうんだなー。「グレートマジンガー」に「ゲッターロボ」が登場するクロスオーバー。早乙女博士と兜博士、宙明サウンドと菊池サウンドの共演が嬉しい。OPで早乙女が早乙姫になってる。直接対決は当然ないけど、ゲッターチームと鉄也がライバル関係で険悪なのは当時驚いた。緊張感あっていい。いきなりリョウが「グレートマジンガーに先を越されんな!」だもの。鉄也なんか「ちっ、そんなことを言ってるからゲッターチームに出し抜かれるんですよ!」と兜博士に文句まで言う。
リョウ「フッフッフ、剣鉄也め、今頃は悔しがってることだろう」確かに悔しがってた。
リョウ「こんなことで引き上げたら、剣鉄也に笑われますよ!」笑ってないけど。
鉄也は「ゲッターチームに負けたくないんです」で兜剣造に金属の手でビンタ食らう。これは痛そう!

リョウも鉄也も互いを認め合って協力するんじゃなくて、早乙女博士や兜博士に怒られたから。でも戦闘の主導は鉄也でリョウが従ってる。ギルギルガンが手強くてしぶといんで、もう全編アクション。キャラはアオリのアングルとドアップが多い。
グレートマジンガー対ゲッターロボ
ギルギルガンの巨大さが引き立つレイアウト。ゲッター2を気遣うグレート。

グレートマジンガー対ゲッターロボ
東映社内班は『にんぎょ姫』なので、こちらは外注。作監が「ゲッター」の小松原さんなんで安心。やはりゲッター側はカッコイイ。作画はTV版「ゲッター」と掛け持ちのOHプロ、TV版「グレート」と掛け持ちの朝日フィルム、併映作の『これがUFOだ!』と掛け持ちのトミプロかな。
    関連映画
  • マジンガーZ対暗黒大将軍』(1974)に続く劇場用マジンガーシリーズ3作目
  • 劇場用マジンガーシリーズ4作目は『グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突』(1975)
関連記事

tag : アニメーションロボヒーローシリーズ怪獣

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ