fc2ブログ

『“それ”がいる森』

“それ”がいる森
“それ”がいる森(2022)107分 2.39 : 1

“それ”がいる森監督:中田秀夫 脚本:ブラジリィー・アン・山田、大石哲也
撮影:今井孝博 音楽:坂本秀一
出演:田中淳一:相葉雅紀、北見絵里:松本穂香、赤井一也:上原剣心、赤井爽子:江口のりこ、綾波武史:眞島秀和、長尾良平:宇野祥平、湯川大輔:野間口徹、強盗犯:尾形貴弘、児玉勉:小日向文世

Netflixで観た。ひどいムー映画だった。アバンの強盗事件、本筋と関係なかった。あれでおしまい。映画もそこで終わってよかった。相葉雅紀と息子が親子に見えん。作中の人物がみんな鈍感でイライラ。写真だけでなく足跡や体液まであるのに説得力ない。

CG宇宙人もチャチだなー。そりゃ警察も動かんわ。よかったのは子供の食い方だけ。こんなちっちゃい口でどーやって食うんかと思ったら、京唄子思い出したわ。食虫植物みたいにパックリ開けて。最初のパンサー尾形の金の行方が気になる。相葉雅紀が見つけて、そのあと。

tag : エイリアン侵略ミステリースリラーホラー子供

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ