リアル・スティール

Real Steel (2011)127分

Real Steelドルビーサラウンド7.1のロゴ、初めて見た!

夜の1本道を行くトラックのクレーンショット、その先にはカーニバルの明かり。この導入が見事。レトロ・フォワードいいね。鬼瓦権造みたいなチャーリーはヒュー・ジャックマン、ピッタリハマった。前にも書いたとおり「ミステリー・ゾーン」122話「四角い墓場」(1963)の劇場版。リー・マービンはロボットの代わりに自分が出たけどヒュー・ジャックマンはそんなことしなかったので「チャンプ」「ロッキー」に迫るイイ映画になった。

父と息子のドラマは確執が多いけど、ここは絆と成長で見せてくれる。2人の距離が縮まる大事なシーンがいくつかあって、すごく丁寧に描かれてて何度も感情が揺さぶられる。息子のマックスは父親似ながら、父親以上にクレバーなのがストーリーをひっぱる力になってる。うまい。

ロボットはCGIだけじゃなく現物も作ったのは偉いし、描き方も各ロボットの操作法が様々で面白い。ノイジーボーイの日本語音声認識もあったり。でもATOMのシャドー機能、最高。不細工ATOMが愛おしく見える。マックスとのダンスも素晴らしい!クライマックスのアポロじゃないわ、ゼウス戦も萌える。ピープルズ・チャンピオンてロック様かよ!ウォーリーやアイアン・ジャイアントに匹敵するわ。続編決定だけど3年後。子供がおっきくなっちゃうぞ。
関連作品:TVシリーズ「The Twilight Zone: Steel」 (1963) のリメイク。ゼウスの名前は「ロッキー」シリーズ(1976-1985)のアポロの父親。レンコヴァは「ロッキー4/炎の友情」(1985)のルドミラ。

tag : リメイク ロボ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer