fc2ブログ

『恐竜・怪鳥の伝説』

恐竜・怪鳥の伝説
Legend of Dinosaurs and Monster Birds(1977)92分 2.35 : 1

恐竜・怪鳥の伝説監督:倉田準二 脚本:伊上勝、松本功、大津一郎
撮影:塩見作治 音楽:八木正生
製作:東映京都
出演:芦沢節:渡瀬恒彦、小佐野亜希子:沢野火子、谷木明:林彰太郎、園田淳子:清島智子、椋正平:牧冬吉

『ドカベン』の併映作だったのを覚えてる。さすがに観に行かなかったけど、製作費7億5000万の大作映画。赤ん坊を泣きやませるのに、湖に放り込んで赤いほおずきのような目をした龍に食わせるぞって唄が恐竜伝説なんかね。犬のクマが首のない馬を見つける。断れないオファーか?

恐竜出てくるのは後半。プレシオサウルスは全身を映さないのが残念だが人を食う。亜希子の助手が食われるシーンはよかった。咥えられた助手なめ海面のゴムボートの俯瞰のショット、フロントプロジェクションの効果抜群。怪鳥ランフォリンクスは人を襲うが食ったりしない。
恐竜・怪鳥の伝説
渡瀬恒彦を非難する沢野火子。「やっぱりお金のためだったのね!そうでしょ!」渡瀬は沢を無言で往復ビンタ!

2人の目の前でプレシオサウルスとランフォリンクスの戦いが始まる。プレシオサウルスの目玉潰しをアップで見せるのがエグイ。ついに富士山噴火!クライマックスは木にしがみつく沢と、助けようとする渡瀬。沢の迫真の演技がすごい!シンフォニーは終わった〜って呑気な主題歌が流れる。恐竜・怪鳥は?
恐竜・怪鳥の伝説
    関連映画
  • 『恐竜の島』(1974)、『ジョーズ』(1975)の影響
  • 『ドカベン』(1977)と併映
関連記事

tag : パニックミステリー怪獣ゴア冒険スリラー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ