fc2ブログ

『M3GAN ミーガン』

M3GAN ミーガン
M3GAN(2022)102分 2.39 : 1

M3GAN ミーガン監督:ジェラード・ジョンストーン 脚本:アケラ・クーパー
原案:アケラ・クーパー、ジェームズ・ワン
撮影:ピーター・マキャフリー 音楽:アンソニー・ウィリス
VFX:Weta Workshop、Morot FX
製作:ブラムハウス、アトミック・モンスター
出演:ジェマ:アリソン・ウィリアムズ(浅野真澄)、ケイディ:ヴァイオレット・マッグロウ(飯沼南実)、M3GAN:エイミー・ドナルド、M3GANの声:ジェナ・デイヴィス(嶋村侑)、デヴィッド:ロニー・チェン(関口雄吾)、コール:ブライアン・ジョーダン・アルバレス(飯島肇)、テス:ジェン・ヴァン・エップス(くわばらあきら)、カート:ステファン・ガルノー=モンテン(松川祐輝)、セリア:ロリ・ダンジー(磯辺万沙子)、リディア:エイミー・アッシャーウッド(吉田麻美)、ブランドン:ジャック・キャシディ(鵜澤正太郎)、エルシー:エレン・デュビン(相田さやか)

ミーガンが不気味でいい感じ!AIは恐ろしいね〜。AI搭載のトイってことで、あかんかったリブート版『チャイルド・プレイ』をはるかに超えるイイ出来。10万ドルの高級トイだもの。ミーガンはプログラム通りだとして、ミーガン依存症のケイディがヤバイよ。でも、もう一人の家族を紹介するとこは「おおお〜っ!」ってなる。プロトタイプのブルース、こんなん家にあるなんてええなあ。まさか活躍するとは!ミーガンに使うペン、ワコムのじゃね?

イヤなヤツはことごとくミーガンに始末される。いじめっ子のクソガキ、ミーガンになんてことするんだ!反撃されてやんの。ミーガンの四肢走行は速いぜ!耳ちぎられてやんの。隣のオバハン、犬のデューイを自由にさせすぎ。どっちも始末よ。クソ上司に裏切り者。ボディカウントは6人、+犬、+ロボ。そりゃ続編もできるよね、『M3GAN 2.0』だってー。
    関連映画
  • ジェマのトイコレクションに『フランケンシュタイン』(1931)のモンスター、『禁断の惑星』(1956)のロビーのフォギュア
  • ミーガンの目の動きをペンで確認、ミーガンのPOVは『ロボコップ』(1987)
  • ケイディをプライマリユーザーとして認識し、AI搭載人形の暴走は『チャイルド・プレイ』(2019)
  • ジェマとミーガンの戦いは『チャイルド・プレイ』(2019)のオマージュ
  • トイメーカーで新製品のフィギュアをプレゼンするのは『スモール・ソルジャーズ』(1998)
  • グローブと連動して動作するブルースは『リアル・スティール』(2019)のノイジーボーイ
  • 声を変えて別人になりすましたり、顔面の一部が剥がれるのは『ターミネーター』(2019)
  • 顔面がはずれ内部が露出するのは『ウエストワールド』(1973)
  • エンドロールに『透明人間』(2020)のフッテージが使用されてる
  • シンギュラリティを題材にしたのは『2001年宇宙の旅』(1968)、『地球爆破作戦』(1970)、『ターミネーター』(1984)、『ショート・サーキット』(1986)、『アンドリューNDR114』(1999)、『A.I.』(2001)、『アイ,ロボット』(2004)、『イーグル・アイ』『アイアンマン』(2008)、『サマー・ウォーズ』(2009)、『her/世界でひとつの彼女』(2013)、『オートマタ』『トランセンデンス』(2014)、『エクス・マキナ』『チャッピー』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)、『ローグ・ウォリアー全面戦争』(2017)、『A.I.ライジング』『チャイルド・プレイ』(2019)、『AI崩壊』(2020)、『アーカイブ』(2021)、『M3GAN ミーガン』(2022)、『インプランテッド AI暴走』『AIドグマと自律型兵器』『ザ・クリエイター/創造者』(2023)
関連記事

tag : ホラーロボAI子供ゴア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ