意味不明な日本語

blackrain
左は「ブラック・レイン」(1989)のアンディ・ガルシアが、大阪で暴走族に殺されるシーン。映画のほとんどは日本が舞台なので、劇中に出てくる日本語は多い。でも、そのうちのほとんどはロスで撮影されたので、「確固たる安全性」とか「反響」とかは日本ぽく見せるために作ったセットなの。「日本」って書いてあるから、どう見ても日本だ。しかもリドリーはこの看板がお気に入り。右の「バットマン・フォーエヴァー」(1995)ゴッサムのナイトシーンには「ブレラン」みたいに日本語のネオンがまじってる。そのうちのひとつ「スラムダンク」。なぜか「ラ」が丸で囲んであったりする。

tag : 日本

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer