fc2ブログ

『スクリーム6』

scream6.jpg
Scream VI(2023)114分 2.39 : 1

Scream監督:マット・ベティネッリ=オルピン、タイラー・ジレット
脚本:ジェームズ・ヴァンダービルト&ガイ・ブジック
原作:ケヴィン・ウィリアムソン
撮影:ブレット・ジュトキェヴィッチ 音楽:ブライアン・タイラー、スヴェン・フォルコナー
出演:サム・カーペンター:メリッサ・バレラ(内田真礼)、タラ・カーペンター:ジェナ・オルテガ(逢田梨香子)、ミンディ・ミークス・マーティン:ジャスミン・サボイ・ブラウン(杉山里穂)、チャド・ミークス・マーティン:メイソン・グッディング(須藤翔)、ゲイル・ウェザーズ:コートニー・コックス(佐々木優子)、ビリー・ルーミス:スキート・ウールリッチ(三木眞一郎)、カービィ・リード捜査官:ヘイデン・パネッティーア(高垣彩陽)、リッチー・カーシュ:ジャック・クエイド(平野潤也)、ゴーストフェイスの声:ロジャー・L・ジャクソン(山野井仁)、ベイリー刑事:ダーモット・マローニー(ふくまつ進紗)、ローラ・クレーン:サマラ・ウィーヴィング、イーサン:ジャック・チャンピオン(水島大宙)、クイン:リアナ・リベラト(ファイルーズあい)

1作目から27年たって、待望の6作目。ウッズボローからNYに引っ越したのね。いい続編だった!このシリーズには絶対がっかりすることはない。よく練ってあるなー。スリル満点。特にハシゴ渡りのシーンと、映画館の神殿がよかった。相変わらずホラー映画ファンが喜ぶネタいっぱいで楽しくてしゃあない!

今回はサムとタラの姉妹がメイン、いいわあ。ネーヴ・キャンベル抜きだけど4作目からカービィが復帰した!ゴーストフェイスの殺し方も伝統芸。ゴーストフェイスも家族3人!ボディカウントは13人。
    関連映画
  • 『スクリーム』(1996)シリーズ6作目、『スクリーム』(2022)の続編
  • ジェイソンのTV画面に『13日の金曜日PART8/ジェイソンN.Y.へ』(1989)
  • ストーン医師はTVで『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』(1956)を見ている
  • ジェイソンのアパートのポスターは『巨人ゴーレム』(1920)、『オペラの怪人』(1925)、『メトロポリス』(1927)、『めまい』(1958)、『サイコ』(1960)
  • 地下鉄の仮装は『ミイラ再生』(1932)のマミイ、『顔のない眼』(1960)、『鳥』(1963)のメラニー、『鮮血の美学(1972)のセイディ、『エクソシスト』(1973)のリーガン、『ロッキー・ホラー・ショー』(1975)のフランク・フルター、『キャリー』(1976)のキャリー・ホワイト、『ハロウィン』(1978)のマイケル・マイヤーズ、『シャイニング』(1980)の双子、『狼男アメリカン』(1981)の狼男、『ビデオドローム』(1983)の肉屋、『チルドレン・オブ・ザ・コーン』(1984)のイーライ、『トップガン』(1986)のマーベリック、『ヘルレイザー』(1987)のピンヘッド、『チャイルド・プレイ』(1988)のチャッキー、『モータルコンバット』(1995)のシャオ・カーン、『ラストサマー』(1997)のベン・ウィリス、『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』(1998)のティファニー、『ファイナル・デスティネーション』(2000)のビリー、『ザ・リング』(2002)のサマラ、『呪怨』(2002)の伽椰子、『ソウ』(2004)のジグソー、『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)のショーン、『ブライアン・シンガーの トリック・オア・トリート』(2007)のサム、『ババドック 暗闇の魔物』(2014)のババドック、『クリープ』(2014)のピーチファズのオオカミ、TV版『スクリーム』(2015)のレイクウッド・スラッシャー、『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』(2017)、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)のペニーワイズ、『死霊館のシスター』』(2018)のアイリーン、『レディ・オア・ノット』(2019)のサマラ、『アス』(2019)のテザード、『ミッドサマー』(2019)の花柄のドレス、『ソニック・ザ・ムービー』(2020)のソニック、『ザ・スイッチ』(2020)のミリー、『邪悪は宿る』(2021)の幽霊、『ブラック・フォン』(2021)のグラバー、『ノープ』(2022)の衣装、『ウェンズデー』(2022)のウェンズデー
  • 地下鉄の仮装でウェス・クレイヴンのオマージュは『鮮血の美学』のサディ、『インキュバス・死霊の祝福』(1981)、『エルム街の悪夢』(1984)のフレディ、『デッドリー・フレンド』(1986)のサマンサ、『ショッカー』(1989)のホレス・ピンカーとアリソン・クレムソン、『壁の中に誰かがいる』(1991)の親子、『ヴァンパイア・イン・ブルックリン』(1995)のポーリーとリタ、
  • 『4匹の蝿』(1971)のTシャツ
  • 『卒業白書』(1983)に言及
  • 『スタブ2』は『スクリーム2』(1997)に相当
  • カービィとミンディが一番の『エルム街の悪夢』は1作目(1984)
  • ミンディの一番の『13日の金曜日』は『13日の金曜日PART2』(1981)
  • カービーの一番の『13日の金曜日』は『13日の金曜日・完結編』(1984)
  • ミンディとカービーは『サイコ2』(1983)が評価すべきと言う
  • カービィとミンディは『キャンディマン』(1992)とリブート『キャンディマン』(2021)両方評価する
  • ローリーが死ぬのは『ハロウィン レザレクション』(2002)
  • トニー・スタークが死ぬのは『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)
  • ジェームズ・ボンドが死ぬのは『ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)
  • ナンシー・トンプソンが死ぬのは『エルム街の悪夢3 惨劇の館』(1987)
  • エレン・リプリーが死ぬのは『エイリアン3』(1992)
  • ジグソーが死ぬのは『ソウ3』(2006)
  • ルーク・スカイウォーカーが死ぬの『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)
  • サリー・ハーデスティが死ぬのは『悪魔のいけにえ -レザーフェイス・リターンズ-』(2022)
  • 冷蔵庫に遺体があるのは『13日の金曜日PAT2』(1981)
  • 顎の下からにナイフを刺すのは『オペラ座の怪人』(1987)
  • ローラの死は『ラストサマー』(1997)のヘレンの死のオマージュ
  • アニカ・カヨコは『THE JUON/呪怨』(2004)の佐伯香耶子から
  • タラの海賊とイーサンの騎士は『マーダー・パーティー』(2007)から
  • タラによるイーサンの殺し方『サイコ2』(1983)
  • カービィ・リード捜査官は『スクリーム4』(2011)以来
  • X エックス』(2022)の効果音を再利用
関連記事

tag : ホラーミステリー殺人鬼続編シリーズフランチャイズチーム家族NYFBI

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ