ピラニア3D

Piranha (2010)88分

Piranha吹き替え版で観た。メガネは100円のやつ。ジョー・ダンテ版「ピラニア」のリメイク。3D変換はInner-D社のReali-Dってシステム。3D映画としてはチョー楽しい。飛び出す血しぶき、肉片、切断、粉砕、ゲロ、チンポ、オッパイ、全裸水中バレエ、そしてピラニアの群れ!期待通りのえげつなさ、これこそ3D映画の醍醐味。倒産したムービーアイに代わってブロードメディアが買い付け、お手柄!「ジョーズ3-D」を越えたな。

スクリュー地獄にロープ渡り、見せ場は阿鼻叫喚の浜辺大殺戮パニックと座礁した船でのサバイバル二本立てで目が(3Dメガネも)離せない。KNBの凝ったゴア描写たっぷりで満足。オチも笑える。さすがフランスが誇るドS監督アレクサンドル・アジャ、いい仕事したなあ。

最初の餌食は老ドレイファス!穂積隆信のドク再び、C.ロイド!「痛いよ痛いよリアルに痛いよ~」不屈の黒人シェリフは出川哲朗!主役の子はチャド・マックィーンの息子、つまりS.マックィーンの孫!古代ピラニアのデザインもなかなかいい。

続編は「ピラニア3DD」エンドクレジット後に告知あり。でも監督が「ザ・フィースト」シリーズのジョン・ギャラガーなので期待しないよ。
関連映画:「ピラニア」(1978)のリメイク。

tag : 3D リメイク バイオレンス 吹替え フランチャイズ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示