fc2ブログ

1988年の『黒い司法 0%からの奇跡』

黒い司法 0%からの奇跡
Just Mercy(2019)137分 1.85 : 1

黒い司法 0%からの奇跡監督:デスティン・ダニエル・クレットン 脚本:デスティン・ダニエル・クレットン、アンドリュー・ラナム
原作:ブライアン・スティーヴンソン「黒い司法 黒人死刑大国アメリカの冤罪と闘う
撮影:ブレット・ポウラク 音楽:ジョエル・P・ウェスト
出演:ブライアン・スティーブンソン:マイケル・B・ジョーダン(杉村憲司)、ウォルター・マクミリアン:ジェイミー・フォックス(江川央生)、エバ・アンスリー:ブリー・ラーソン(甲斐田裕子)、ハーバート・リチャードソン:ロブ・モーガン(梅津秀行)、ラルフ・マイヤーズ:ティム・ブレイク・ネルソン(清水明彦)、トミー・チャップマン:レイフ・スポール(青山穣)、アンソニー・レイ・ヒントン:オシェア・ジャクソン・Jr(乃村健次)、ハーブ

感動の実話。3箇所で泣いたー。『アラバマ物語』で知られるアラバマ州モンロービルで、1986年に死刑判決を受けたジョニー・Dの冤罪を証明する若き弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話。偏見、法の下の平等、正義、死刑と冤罪。ジョニー・Dがジェイミー・フォックス、ブライアンがマイケル・B・ジョーダン、この2人が素晴らしい!グイグイ見せてくれる。しかも本人によく似てる!「貧困の反対は富ではありません、貧困の反対は正義です」

助けられなかったハーブの死刑執行シーン、全員で見送るシーン。1人じゃないぞ!みんな一緒だぞ!そばにいるぞ!泣ける。証言が揃ったのに再審却下、からの最高裁での大逆転!わー、やったー!
黒い司法 0%からの奇跡
感動の瞬間

最後にそれぞれのその後が紹介される。「ブライアンは30年以上、死刑判決を受けた貧しい人々のために闘ってきた。彼やEJIの弁護士たちは140人以上の死刑囚の救済命令や判決無効や釈放か勝ち取ってきた」
「米国では死刑囚10人中9人が執行、1人は冤罪が認められて釈放されており、衝撃的な過誤率である」
黒い司法 0%からの奇跡
劇中のブライアンとジョニー・D、そして本人たち
    関連映画
  • モンロービルは『アラバマ物語』(1962)のモデルの町
  • 冤罪の実話を扱ったのは『ゾラの生涯』(1937)、『影なき殺人』(1947)、『松川事件』(1961)、『マーシャル 法廷を変えた男』(1967)、『告白』(1970)、『狭山裁判』(1976)、『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』(1981)、『クライ・イン・ザ・ダーク』(1988)、『父の祈りを』(1993)、『ザ・ハリケーン』(1999)、『日本の黒い夏─冤罪』(2000)、『グアンタナモ、僕達が見た真実』(2006)、『BOX 袴田事件 命とは』(2010)、『デビルズ・ノット』『弁護人』『マルティニークからの祈り』(2013)、『オフィサー・アンド・スパイ』『リチャード・ジュエル』(2019)
関連記事

tag : 裁判ドラマ人種差別実話伝記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ