マイティ・ソー

Thor (2011)115分

Thor2D撮影なので、3D変換の興業よりは2D版を選択。王の世継ぎは実の息子ソーか、そうでない息子ロキか。この兄弟の葛藤と対立がドラマになってるので、意外と面白かった。

特にロキのキャラクターは深くて秀逸。チャラくてムチャなソーより魅力的。トム・ヒデルストンもハマリ役。アリゾナのムジョルニア、「アイアンマン2」のラストを思い出す。門番ヘイムダルがシブイ。サイズが絶妙なデストロイヤー、カッコイイイ。アスガードはCGIぽくてリアルさに欠ける。ピカピカは好きじゃない。ソー役はトリプルHが候補だったが、C.ジェリコの方がイメージに近い。結局、C.ヘムズワース。人相は悪いが元大工だけにハンマーが似合う。N.ポートマン、何で出たんだか。浅野忠信は立ってるだけ、セリフは二言三言。

コズミック・キューブは「キャプテン・アメリカ」への布石?ソーは「アヴェンジャーズ」で帰って来る!ロキもね。
関連映画:「アイアンマン2」(2008)のエンドクレジット後にムジョルニア。

tag : コミック フランチャイズ MCU ヒーロー チーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer