fc2ブログ

『奇才ヘンリー・シュガーの物語』

奇才ヘンリー・シュガーの物語
The Wonderful Story of Henry Sugar (2023)37分、1.33 : 1

奇才ヘンリー・シュガーの物語監督・脚本:ウェス・アンダーソン
原作:ロアルド・ダール「奇才ヘンリー・シュガーの物語
撮影:ロバート・D・イェーマン
出演:ロアルド・ダール:レイフ・ファインズ(原康義)、ヘンリー・シュガー:ベネディクト・カンバーバッチ(三上哲)、チャテルジー医師:デヴ・パテル(西健亮)、イムダッド・カーン:ベン・キングスレー(佐々木勝彦)、マーシャル医師:リチャード・アイオアディ(阪口周平)

37分の短編だけど、60分くらいのボリュームがあって面白かった。寸劇形式とゆーか、時間や場所の転換が気持ちいい。キャストはキャメラ目線で1.5倍速で語りまくってくるw 芝居しながら超早口で超長セリフをしゃべるカンバーバッチすごい。吹替の三上哲もこのスピード感によくついてきたなー。

ヘンリー・シュガーがヨガの修行で目を使わずに見る力を会得する話。ロアルド・ダールの話>チャテルジー医師の話>イムダッドの話>ヘンリー・シュガーの話と多層構造になってて、語り手が移り変わっていくスタイル。
奇才ヘンリー・シュガーの物語
4人の語り手
関連記事

tag : Netflix冒険ファンタジー短編超能力

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ