fc2ブログ

2013年の『グランツーリスモ』

グランツーリスモ
Gran Turismo (2023)134分、1.85 : 1

グランツーリスモ監督:ニール・ブロムカンプ 脚本:ジェイソン・ホール、ザック・ベイリン
原作:PlayStation Studios「グランツーリスモ」
撮影:ジャック・ジュフレ 音楽:ローン・バルフ
VFX:UPP、ピクソモンド、クラフティ・エイプス、ゼロVFX、OPSIS
出演:ヤン・マーデンボロー:アーチー・マデクウィ(松岡禎丞)、ジャック・ソルター:デヴィッド・ハーバー(三宅健太)、ダニー・ムーア:オーランド・ブルーム(三木眞一郎)、マティ・デイビス:ダレン・バーネット(浪川大輔)、レスリー・マーデンボロー:ジェリ・ハリウェル=ホーナー(園崎未恵)、スティーブ・マーデンボロー:ジャイモン・フンスー(大塚明夫)、山内一典:平岳大、ニコラス・キャパ:ヨシャ・ストラドフスキー(石川界人)、コビー・マーデンボロー:ダニエル・プイグ(鈴木達央)、オードリー:メイヴ・コーティエ=リリー(鬼頭明里)、寿司職人:山内一典

レーサー版『フェーム』だね。半分実話で半分ファンタジー。2013年のル・マンで自分のラインに回帰するとこはすごかったなー、GT-R LM NISMOが分解して自宅になって、おおお〜!ってなった。観ててタイヤが心配で心配で。「お前のラインで行け」って指示もらって、コーナーでアウト側からオーバーテイクしていく!レースの萌えポイントがしっかり映像化されててさすが。ポディウムは泣けた。シャンパン我慢しといてよかったね。史実では日産ニスモでなくグリーヴス・モータースポーツ。

GTレースがメインでF3時代は省略。シルバーストン、ホッケンハイム、モンツァ、ニュルブルクリンク、レッドブル・リンクなどお馴染みのコースが出てくる。多くが実車メインなのもよかった。2015年ニュルブルクリンク耐久の事故も再現。ドラマは『ラッシュ』や『フォードvsフェラーリ』に及ばんけど、夢を実現させていく主人公は感情カーブの起伏が多くてよかった。

ライバルのキャパってモデルはフェルスタッペンだなw、似すぎ。180cmのオーランド・ブルームがちっちゃく見えるくらい周りがでかかったw
    関連映画
  • ニール・ブロムカンプが参考にしたのは『フォードvsフェラーリ』(2019)、『栄光のル・マン』(1971)
  • ザック・ベイリンが影響を受けたのは『ロッキー』(1976)、『トップガン』(1986)
  • ヤンがリラックスするために聞くケニー・Gの「Songbird」は『カーズ』(2006)でライトニングが落ち着く時の曲
  • エンディング曲「God Moving Over the Face of the Waters」は『ヒート』(1995)のエンディングと同じ
関連記事

tag : 実話チームレースチェイスゲーム日本

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ